文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 教育・文化・スポーツ > 学校教育 > 高等学校 > 愛媛県奨学生【被災特例枠】の募集について

ここから本文です。

更新日:2018年9月25日

愛媛県奨学生【被災特例枠】の募集について

平成30年7月豪雨による災害(豪雨災害)で修学困難となった生徒を対象として、奨学金の貸与を希望する生徒を募集します。

この奨学金は、在学校を卒業(在籍課程を修了)した際は特例で奨学金の返還が免除されます。退学の場合は、返還が必要となります。)

対象者

次の学校に在学する者

  • 高等学校(中等教育学校の後期課程及び特別支援学校の高等部を含む。)
  • 専修学校の高等課程(修業年限が2年以上の課程で教育委員会が認めるものに限る。)

既に愛媛県奨学資金の貸与を受けている生徒も出願できます。(被災特例枠への借り換えとなります。)

主な出願要件

豪雨災害を原因として、保護者又は豪雨災害発生時に生徒の生計を主として維持していた者が、次のいずれかの被害を受け、定められた家計基準を満たすこと

  1. 住家(愛媛県内の住家に限る。)が全壊、大規模半壊、半壊又は床上浸水の被害を受けた場合で、出願者の属する世帯全員が市町村民税所得割非課税であること。
  2. 死亡又は重篤な障害を負った場合で、出願者の属する世帯全員が市町村民税所得割非課税又はこれに相当する家計状況であること。
  3. 失業又は収入が減少した場合で、出願者の属する世帯全員が市町村民税所得割非課税又はこれに相当する家計状況であること。

貸与月額の上限額

〔国公立〕自宅18,000円、自宅外通学23,000円

〔私立〕自宅30,000円、自宅外通学35,000円

貸与期間

平成30年7月分から平成31年3月分まで(9か月間)

平成30年度限り。(被災特例枠の継続は未定です。)

初回の貸与は、第1期の採用者は平成30年12月25日、第2期の採用者は平成31年3月25日の予定です。

募集時期

学校への提出期限は次のとおり(出願書類の提出期限は、学校の指示に従ってください。)

  • 第1期は、平成30年10月中旬頃
  • 第2期は、平成30年12月上旬頃

出願方法

在学する学校で、「募集要項」、「愛媛県奨学生願書」などの書類を受け取り、必要な書類(住民票、課税証明書、罹災証明書等)をそろえて、学校に提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育委員会事務局教職員厚生室 厚生事業係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2924

ファックス番号:089-912-2914

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ