文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 行政改革 > 行政評価 > 愛媛県行政評価システム

ここから本文です。

更新日:2017年7月19日

愛媛県行政評価システム

開設日:平成14年2月19日

県民の皆様方に対する行政サービスを効果的・効率的に提供するため、平成13年度から県の政策や事業等の行政活動について、その必要性や効率性、成果などについて評価を行う『行政評価システム』を導入しております。

  • 県の行政活動におけるマネジメントサイクル(企画-実施-評価)を再構築して、成果重視の県政への転換を図ります。
  • 施策や事業の重点化や見直しを行うことにより、県民ニーズに対応した施策・事業を展開し、県民のための効率的かつ効果的な県政を推進します。
  • 政策や事業を県民にわかりやすく説明し(説明責任の徹底)、行政の透明性を向上させることによって、開かれた県政を推進します。

政策・事務事業評価

限られた財源の中で、施策や事業の思い切った「選択と集中」を行うため、評価結果を判断材料に部局自らが施策ごとの注力方向や財源配分の決定、事務事業の見直しを行うとともに、次年度予算編成における県全体の方針決定に活用するマネジメントシステムです。

(1)予算施策評価

評価対象

「第六次愛媛県長期計画」等に掲げられた政策を実現するための予算編成及び予算執行の具体的な方針であって、この具体的な方針の実現という共通の目的を持つ事務事業のまとまりである予算施策

評価方法

予算施策を取り巻く環境変化を踏まえ、必要性・妥当性、有効性等の観点から評価し、今後の成果と財源配分の方向を決定し、評価結果を踏まえ、構成事業を見直し、事業の選択と集中を図ります。

(2)事務事業評価

評価対象

予算施策を構成する事業(人件費、公債費、災害復旧事業費を除く)

評価方法

事業ごとの課題や問題点を精査するとともに、全庁調整後の予算施策の注力度合を踏まえ、予算施策を構成する事業間の有効性や効率性等を比較して(→相対評価の実施)、劣っている事業については、廃止を含めた見直しを積極的に行います。

(3)外部アドバイザーの設置

評価の客観性や評価結果の精度を高めるため、外部アドバイザー(評価専門家)を設置して民間の経営感覚に基づく助言を得ています。

外部評価(愛媛県行政評価システム外部評価委員会)

評価に県民の視点を導入して、県民への説明責任の徹底、透明性の向上を図るとともに、内部評価の客観性の向上等を図るため、「愛媛県行政評価システム外部評価委員会」を設置し、外部評価を実施しています。

大規模建設事業事前評価

公共事業を含め大規模建設事業は、長期にわたる財政負担を伴い、将来の県政運営に影響を及ぼすことから、事業着手前に、県が整備する必要性、事業内容の妥当性、費用対効果、効率性等を評価し、その結果をもとに事業実施の可否を判断します。

お問い合わせ

総務部行革分権課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2238

ファックス番号:089-912-2237

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ