文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 交通安全 > えひめ交通安全のひろば > えひめ交通安全のひろば(29年2月号)

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

えひめ交通安全のひろば(29年2月号)

平成29年2月1日発行
No.417

平成28年中の交通事故発生状況について

交通事故発生状況

区分

平成28年

平成27年

増減数

発生件数

4,497

5,086

-589

死者数

77

78

-1

うち高齢者数

46

49

-3

傷者数

5,317

5,962

-645

 

高齢者事故発生状況

区分

発生件数

死者数

傷者数

全事故

4,497

77

5,317

高齢者事故

1,849

46

1,092

構成率(%)

41.1

59.7

20.5

 

道路形状別交通事故発生状況

区分

発生件数

死者数

傷者数

全事故

4,497

77

5,317

交差点

1,900

23

2,160

交差点付近

655

7

814

カーブ

211

14

283

直線等

1,731

33

2,060

 

時間帯別交通事故発生状況

時間帯(時)

0~2

2~4

4~6

6~8

8~10

10~12

12~14

14~16

16~18

18~20

20~22

22~24

死者数

3

2

3

10

8

6

5

7

13

8

6

6

発生件数

56

42

49

486

613

562

507

528

737

571

231

115

 

交通事故の特徴

  • 前年と比べ、発生件数・死者数・傷者数全てが減少している。
  • 死者数77人のうち、高齢者が46人(59.7%)を占めている。
  • 発生件数及び死者数ともに16時~18時の時間帯に最も多く、次いで発生件数は8時~10時、死者数は6~8時の時間帯に多くなっている。

時間別の発生状況から、出退勤や登下校など、朝夕の交通量が多くなる時間に交通事故が多く発生していることがわかります。

「いつもより(予定より)5分早く出発し、5キロ減速した走行」を実践し、心と時間にゆとりを持った運転で、交通事故防止に努めましょう。

シートベルト・チャイルドシートを着用しましょう

愛媛県のシートベルト着用状況(一般道路)

区分

県内着用率(%)

全国平均(%)

運転者

97.8

98.5

助手席同乗者

92.6

94.9

後部座席同乗者

37.8

35.9

 

愛媛県のシートベルト着用状況(高速道路等)

区分

県内着用率(%)

全国平均(%)

運転者

99.4

99.5

助手席同乗者

96.9

98.0

後部座席同乗者

59.2

71.8

 

愛媛県のチャイルドシート着用状況

区分

県内着用率(%)

全国平均(%)

チャイルドシート

59.2

64.2

 

シートベルト着用率については、一般道路における後部座席同乗者以外の項目で全国平均を下回っており、チャイルドシート着用率も全国平均を下回っています。

大切な命を守るために、シートベルト・チャイルドシートを正しく着用しましょう。

「愛媛県電動車いす安全登録制度」について

愛媛県内でも、多くの高齢者の方々が電動車いすを利用されているところですが、電動車いすに関連した交通事故の増加や、盗難、遺失事案の発生が懸念されています。

そこで愛媛県交通安全協会では、盗難予防、盗難・遺失からの早期発見・回復や交通安全情報の提供等を目的として、電動車いす取扱業者等の協力のもと、全国で初めて「愛媛県電動車いす安全登録制度」を創設しました。

登録は指定登録取扱所(販売店、レンタル店、地区交通安全協会)で可能であり、登録費は無料です。

詳しくは下記愛媛県交通安全協会ホームページをご覧ください。

愛媛県交通安全協会「愛媛県電動車いす安全登録制度」について(外部サイトへリンク)

命を守るヘルメットを着用しましょう

県では、「愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例」を施行し、ヘルメットの着用を、自転車利用者の励行事項に定めています。

そんな中、県内において、ヘルメットを着用していなければ死亡していたと推定される大きな事故が発生しました。

事故の概要

男性が自転車で道路左側を直進中、センターラインをはみ出して進行してきた普通乗用車と正面衝突しました。

男性は、頭部を普通乗用車のフロントガラスに打ちつけ転倒し、脊椎骨折・肺挫傷等の重傷を負いましたが、ヘルメットを着用していたため、頭部に大きな損傷はありませんでした。

フロントガラスの様子

被害者の頭部が強い衝撃で衝突し、フロントガラスが大きく損壊するとともに、天井ルーフも曲がっています。

自転車の様子ヘルメット

自転車は前後輪とも外れ、ハンドルも曲がっています。またヘルメットは右側頭部が割れています。

自転車事故で亡くなった方のほとんどが、頭部損傷が原因です。

自らの命を守るためにもヘルメットを着用して、安全運転に心がけましょう。

大切な命を守るヘルメット!チラシ(PDF:248KB)

万一、交通事故を起こしてしまったら・・・

『交通事故困ったときはまず相談』(PDF:11KB)
《県内の主な交通事故相談窓口一覧表に移動します》

交通安全県民総ぐるみ運動愛媛県本部構成機関・団体へのリンク

~各機関・団体の交通安全活動を随時御紹介させていただきます~

当本部では、県内での交通安全活動について広く御紹介していますので、お気軽にお問合せください。

2月の交通安全の日

2月20日月曜日は、第527回「交通安全の日」です。

推進重点

  • 積雪・凍結時の交通事故防止
  • 交差点の交通事故防止

2月の高齢者交通安全日

2月10日金曜日は第347回「高齢者交通安全日」です。

推進重点

  • 地域ぐるみによる横断歩道・交差点における保護・誘導活動
  • 夜間外出時の反射材・明るい服装の着用指導の推進

2月の自転車安全利用の日

2月10日金曜日は第44回「自転車安全利用の日」です。

推進重点

  • 車道左側設置の歩道通行の促進
  • 自転車損害賠償責任保険への加入促進

「愛媛県自転車の安全な利用の促進に関する条例」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部消防防災安全課 交通安全推進係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2321

ファックス番号:089-941-0119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ