文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 住宅 > 住宅情報 > 愛媛県長期優良住宅コーナー

ここから本文です。

更新日:2017年9月13日

愛媛県長期優良住宅コーナー

長期優良住宅とは

生活の基盤となる良質な住宅が建築され、かつ、長期に渡り良好な状態で使用されることは、国民の住生活の向上及び環境の負荷の低減を図る上で重要となっていることから、その構造や設備について適切な措置が講じられた優良な住宅が普及されること等を目的に、長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)が施行されました。

この法律では、長期優良住宅の普及の促進のため、構造躯体等の劣化対策等級、耐震性、可変性、維持管理・更新の容易性、高齢者等対策、省エネルギー対策、一定以上の住宅規模及び良好な景観の形成への配慮等を定めています。

長期優良住宅を建築し適切な維持保全を実施しようとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。

 

認定の申請等の窓口について

長期優良住宅の認定を受けようとする場合は、所定の申請書に添付書類を添えて、所管行政庁へ申請してください。

 

県内の所管行政庁(一覧)

認定を受けようとする住宅の所在地

所管行政庁

担当課

連絡先

松山市 松山市役所 建築指導課 089-948-6509
今治市 今治市役所 建築指導課 0898-36-1566
新居浜市 新居浜市役所 建築指導課 0897-65-1273
西条市 西条市役所 建築審査課 0897-52-1554
宇和島市(※建築基準法第6条第1項第4号に規定するもののみ 宇和島市役所 建築住宅課 0895-49-7028
四国中央市 四国中央土木事務所 用地管理課
建築指導係
0896-24-4455
上島町 東予地方局 建設部
建築指導課
0897-56-1300
伊予市 中予地方局 建設部
建築指導課
089-941-1111
東温市
久万高原町
松前町
砥部町
八幡浜市 八幡浜土木事務所 管理課
建築指導係
0894-22-4111
大洲市
内子町
伊方町
宇和島市(※建築基準法第6条第1項第4号に規定するもの以外 南予地方局 建設部
建築指導課
0895-22-5211
西予市
松野町
鬼北町
愛南町

 

認定長期優良住宅の維持保全状況に関する抽出調査について

認定を受けた長期優良住宅にお住まいの皆様へ

愛媛県では国土交通省の依頼により、認定を受けて建てられた長期優良住宅についての認定通知書等書類の保存状況及び必要な定期点検の状況の調査を行っています。(平成26年度~)

長期優良住宅の認定の条件のひとつに、適切な維持保全計画(定期的に点検を行う住宅の部分や時期を定めた計画)の作成があり、住宅が建てられ、住み始めたあとも、実際にこの計画に沿って点検、修繕を行う必要があるため、この調査は、関係書類の保存状況と、この点検等の状況の報告をお願いするものです。

【28年度調査は終了しました。】

【29年度調査は、10月~11月頃を予定しています。】

様式集
【報告書】 「認定長期優良住宅の維持保全状況等に関する報告書」

報告書の電子データが必要な方は、上記をご利用ください。

 

増改築工事に係る長期優良住宅建築等計画の認定制度の開始について

平成28年4月1日から、住宅の増改築工事に係る認定が可能になりました。

長期優良住宅建築等計画については、これまで、新築される住宅を対象として実施してきましたが、平成28年4月1日からは、既設住宅(既にお住まいの住宅、中古住宅、空き家等)の増改築工事(リフォーム工事も含みます。)についても認定可能になりました。

なお、これまで同様、申請前に登録住宅性能評価機関による認定基準の技術的審査を受け、基準に適合していることを証する適合証を添付していただくことで、審査の一部省略が可能でできます。

住宅建築工事(新築工事または増改築工事)の着工前までに、上記の所管行政庁宛て、所定の申請書及び添付図書を提出ください。

 

具体的な手続きについては、以下を参照ください。

県要綱
【要綱】 【平成28年4月1日施行】愛媛県長期優良住宅建築等計画認定要綱

 

様式集
省令に定める様式

共通

第一号様式 認定申請書
第二号様式 認定通知書
第三号様式 変更認定申請書
第四号様式 変更認定通知書
第五号様式 変更認定申請書(譲受人の決定時)
第六号様式 承認申請書(地位の承継)
第七号様式 承認通知書(地位の承継)
添付図書 共通 - 設計内容説明書
- 付近見取図
- 配置図
- 仕様書(仕上げ表を含む。)
- 各階平面図
- 床面積求積図
- 2面以上の立面図
- 断面図又は矩計図
- 基礎伏図
- 各階床伏図
- 小屋伏図
- 各部詳細図
- 各種計算書
平成28年4月1日以降に「認定申請する」住宅
(H28年4月1日以前に申請し、H28年4月1日以降に認定を受けたものを含む。)
様式1号 維持保全計画書
様式2号 設計内容説明書(新築)_一戸建て住宅の木造軸組住宅用
様式2号 設計内容説明書(新築)_共同住宅等非木造住宅用
様式2号の2 設計内容説明書(増改築)_一戸建て住宅の木造軸組住宅用
様式2号の2 設計内容説明書(増改築)_共同住宅等非木造住宅用
様式2号の3 状況調査書_木造軸組又は鉄骨造住宅用
様式2号の3 状況調査書_鉄筋コンクリート造共同住宅等用
様式3号 建築工事が完了した旨の報告書(申請者から県へ)
様式3号の2 建築工事が完了した旨の報告書(工事施工者から建築主へ)
様式4号 認定長期優良住宅建築等計画に基づく住宅の建築又は維持保全を取りやめる旨の申出書
様式5号 認定長期優良住宅建築等計画の認定取消通知書
参考様式1号 長期優良住宅建築等計画認定に係る居住環境基準調査事項一覧表
平成28年3月31日以前に「認定を受けた」住宅(改正前の様式) 様式3号(旧) 建築工事が完了した旨の報告書(設計事務所)
様式3号(旧) 建築工事が完了した旨の報告書(工務店)
様式3号(旧) 建築工事を完了した旨の報告書(受注者用)

 

その他の様式

 

【参考1】適合証及び設計住宅性能評価は、登録住宅性能評価機関で受けることができます。

【参考2】状況調査書の作成には、所定の建築士資格を取得しており、かつ、インスペクター講習団体に、登録された「登録インスペクター」である必要があります。

登録インスペクタ―講習団体のリスト(長期優良住宅化リフォーム推進事業事務局HP)(外部サイトへリンク)

 

審査手数料の改正について

増改築工事に係る長期優良住宅建築計画の認定制度の開始に伴い、手数料も改正されています。

詳しい計算方法は、事前に所管の地方局又は土木事務所にご相談下さい。

県手数料
【手数料】 【平成28年4月1日施行】長期優良住宅建築等計画認定申請審査手数料一覧表

 

認定基準

愛媛県において長期優良住宅建築等計画の認定を受けるためには、下記の基準を満たしていることが必要です。

長期使用構造等であること

(以下の項目について「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準(PDF:143KB)」(平成21年国土交通省告示第209号)を満たすものであること)

  • 劣化対策
  • バリアフリー性
  • 耐震性
  • 省エネルギー性
  • 維持管理・更新の容易性
  • 維持保全の方法
  • 可変性

住戸面積

(1戸あたり)※少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く面積)

〔戸建て住宅〕75平方メートル以上

〔共同住宅〕55平方メートル以上

居住環境の維持及び向上への配慮

下表に「○印」がついている市町ではそれぞれ地区計画等を作成していますので、計画する住宅が指定する区域内に存する場合は、これらの基準に適合する必要があるので注意してください。

また、計画する住宅が都市計画法に規定する都市計画施設内(道路、河川、公園等)等に位置する場合は、原則として認定できません。

 

地区計画等一覧

市町の区域

居住環境

地区計画

景観計画

建築協定

景観協定

その他

条例等

宇和島市

八幡浜市

大洲市

伊予市

四国中央市

西予市

東温市

上島町

久万高原町

松前町

砥部町

内子町

伊方町

松野町

鬼北町

愛南町

  • 建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること。
  • 資金計画が建築・維持保全を遂行するため適切なものであること。

 

認定長期優良住宅に係る税制上の特例措置

認定を受けた長期優良住宅建築等計画に基づき建築及び維持保全が行われる住宅(認定長期優良住宅)については、以下のとおり、税制の特例が適用されます。

詳しい手続きは、それぞれの課税担当部局(税務署、地方局、市町)へお問い合わせください。

認定長期優良住宅の特例措置

【国税】

  1. 住宅ローン減税制度における優遇措置
  2. 投資型減税措置
  3. 登録免許税の控除措置

【地方税】

  1. 不動産取得税の減額措置(地方局税務課)
  2. 固定資産税の減額措置(市町固定資産税担当課)

 

認定に基づく維持保全計画を取止める場合(または、認定の取消処分を受けた場合)の注意

長期優良住宅建築計画等認定により税制の特例措置を受けている方で、この認定に基づく住宅の建築または、建築後の維持保全計画を取止めた場合、(または認定を取消された場合)は、それぞれ担当の税務署・市町固定資産税担当課等へ申告が必要ですので注意して下さい。

 

参考(国補助実績中小工務店の検索サイト)

国交省では、地域の木材関連事業者、流通事業者、建築士事務所、中小工務店等が連携して取り組む省エネルギー性能や耐久性能等に優れた木造住宅等の整備や、これと併せて行う三世代同居等の対応等に対して補助を行う「地域型住宅ブランド化事業」及び「地域型住宅グリーン化事業」を実施しています。

当該補助事業の事務局である一般社団法人「木を活かす建築推進協議会」では、この補助金を活用して長期優良住宅(木造)を建築した実績のある全国の中小工務店情報を掲載しています。

国補助実績中小国務店の検索サイト((一社)木を活かす建築推進協議会HP)(外部サイトへリンク)

えひめの土木トップページへ

えひめの建築・住宅へ

愛媛県庁トップページへ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課 住宅企画係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2760

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ