文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 住宅 > 住宅情報 > 平成28年度マンション管理基礎セミナーの開催について

ここから本文です。

更新日:2016年9月15日

平成28年度マンション管理基礎セミナーの開催について

10月の「住生活月間」において、愛媛県では平成28年10月22日(土曜日)・23日(日曜日)の2日間、アイテムえひめで「2016えひめ暮らしと住まいフェア」を開催致します。

その一環で、10月23日(日曜日)13時30分~「平成28年度マンション管理基礎セミナー」を開催致します。

愛媛県においても確実に増加し、重要な居住形態となっている分譲マンション。

一方で、居住者意識の相違や権利関係の複雑化、多様な価値観による意思決定の難しさもあります。

セミナーでは、5年ぶりに改正のあった「マンション標準管理規約」や、建物の資産価値の保全などで、管理組合や区分所有者等が注意すべきことを、専門家より分かりやすく解説していただきます。

時‥‥‥‥平成28年10月23日(日曜日)13時30分~16時20分

場所‥‥‥‥アイテムえひめ4階第1・第2会議室

対象者‥‥‥マンション管理組合の役員、区分所有者及びマンション関係者

定員‥‥‥‥100名(先着順)

受講料‥‥‥無料

申込方法‥‥FAX、またはハガキ・Eメールにて、建築住宅課へお申込みください。チラシ及び受講申込書(PDF:242KB)(電話による申込みは受け付けておりません)

申込締切‥‥10月17日(月曜日)(消印有効)

セミナー内容

第一部 「マンション管理規約の改正を考える」

講師:(公財)マンション管理センター

今般、高齢化等を背景とした管理組合の担い手不足、管理費滞納等による管理不全、暴力団排除の必要性、災害時における意思決定の明確化など、マンションを取巻く情勢の変化に対応するため、国土交通省は、マンション管理の基本ルール「マンション標準管理規約」を改正しました。

マンションの快適な居住環境を確保し、資産価値の維持・向上を図るため、実態に応じて個々のマンションで定めている重要なルール「マンション管理規約」見直しの参考となるよう、改正点を分かりやすく説明いたします。

 

第二部 「大規模修繕工事は管理組合主導でできる!」

講師:(一社)愛媛県マンション管理士会

マンションの建物としての経年劣化は避けらないため、資産価値を維持するためにも多額の費用を掛けた大規模修繕工事が必要になります。

設計監理者と工事施工者を別々にする「設計監理方式」と、設計から施工までを一括で一任する「責任施工方式」がありますが、専門家(マンション管理士・一級建築士)を活用して管理組合主導で実施することも可能です。

それぞれのメリット・デメリットを、実例を通して説明いたしますので、個々のマンションに応じ、経済的で安心できる確実な大規模修繕工事の参考としてください。

お申込み先

〒790-8570松山市一番町4丁目4-2

愛媛県土木部道路都市局建築住宅課

宅地建物指導係


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2758

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ