文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 建築・開発 > 建築物 > えひめの建築・住宅 > 建築物省エネ法について

ここから本文です。

更新日:2016年8月29日

 

『えひめの建築・住宅』に掲載している省エネ関係の情報について

 

 

 

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の背景

社会経済情勢の変化に伴い建築物におけるエネルギーの消費量が著しく増加していることに鑑み、建築物のエネルギー消費性能の向上を図るため、住宅以外の一定規模以上の建築物のエネルギー消費性能基準への適合義務の創設、エネルギー消費性能向上計画の認定制度の創設等の措置を講ずる。

【概要】

  • 一年目施行(H28年4月1日から)

(1)省エネ向上計画の認定(容積率特例)

省エネ性能の優れた建築物について、所管行政庁の認定を受けて容積率の特例を受けることができることとする。

(2)エネルギー消費性能の表示

エネルギー消費性能基準に適合している建築物について、所管行政庁の認定を受けてその旨を表示することができることとする。

  • 二年目施行(H29年4月1日(予定)から)

(1)大規模な非住宅建築物に対する適合義務及び適合性判定義務

大規模な非住宅建築物(特定建築物)について、新築時等におけるエネルギー消費性能基準への適合義務及び適合性判定義務を課し、これを建築確認で担保することとする。

(2)中規模以上の建築物に対する届出義務

中規模以上の建築物について、新築時等における省エネ計画の届出義務を課し、エネルギー消費性能基準に適合しないときは、必要に応じ、所管行政庁が指示等を行うことができることとする。

ページの先頭へ戻る

省エネ性能向上計画の認定(第30条)について

認定申請の手続き

標準的な手続きは、「審査機関(※)」により、認定基準について、事前に技術的審査(適合証の交付)を受けた後に、認定申請を行います。

認定申請の手続きフロー

≪(※)審査機関≫

  • 登録建築物調査機関:エネルギーの使用の合理化等に関する法律に規定する登録建築物調査機関
  • 登録住宅性能評価機関:住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する登録住宅性能評価機関

 

≪認定申請にあたっての注意事項≫

  • 工事に着工する前に、認定申請をする必要があります。
  • 審査機関では、法30条第1項全ての認定基準について審査を受けてください。
  • 事前に技術的審査を受けない場合や、認定に合わせて確認申請を申し出る場合は、事前にご相談ください。

 

認定基準

認定基準については、法令・告示等をご確認ください。

 

申請書類について

 

 

ページの先頭へ戻る

 

省エネ基準適合認定・表示制度(第36条)について

省エネ基準適合認定・表示制度について

  • 現在建っている建築物が、建築物エネルギー消費性能基準(省エネ基準)に適合することを証する認定になります。 
  • 認定を受けると、適合認定マーク(eマーク)を表示することができます。
  • 認定を受けた所有者は、当該建築物が省エネ基準に適合し続けるよう、適切な維持管理を行ってください。
  • 所有者を変更した場合は、建築物の所有者変更届の提出が必要となります。

建築物エネルギー消費性能基準適合認定建築物マーク

認定申請の手続き

標準的な手続きは、「審査機関(※)」により、認定基準について、事前に技術的審査(適合証の交付)を受けた後に、認定申請を行います。

認定申請の手続きフロー

≪(※)審査機関≫

  • 登録建築物調査機関:エネルギーの使用の合理化等に関する法律に規定する登録建築物調査機関
  • 登録住宅性能評価機関:住宅の品質確保の促進等に関する法律に規定する登録住宅性能評価機関

 

なお、建築物全体について、第三者機関等が新築時に発行した省エネルギー性能に係る、下記書類のうち、『建築物エネルギー消費性能基準』に適合していることと同等以上であることを証したものについては、審査機関による技術的審査を受けたものと同等として扱います。ただし、現在においても基準適合していることを設計者等が確認している場合に限ります。

  • 省エネ性能向上計画認定の通知書(写し)
  • 低炭素建築物新築等計画認定通知書(写し)
  • 建設住宅性能評価書(写し)
  • 省エネ届出に対する適合通知書(写し)

 

≪認定申請にあたっての注意事項≫

  • 認定の範囲は、建築物全体です。
  • 工事がすべて完了した時点で申請してください。
  • 申請者は、建物の所有者になります。

 

認定基準

認定基準については、法令・告示等をご確認ください。

 

申請書類について

 

 

ページの先頭へ戻る

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課 建築指導係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2757

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ