文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 建築・開発 > 建築物 > えひめの建築・住宅 > コンテナを利用した建築物について

ここから本文です。

更新日:2015年2月3日

コンテナを利用した建築物について

コンテナを利用した倉庫の取扱いについて

継続的に倉庫として利用し、随時かつ任意に移動できないコンテナは、建築基準法第2条第一号に規定される「建築物」に該当するため、建築基準法に基づく確認申請が必要となり、「確認済証」がないと設置できません。

コンテナを利用した倉庫における主な違反内容の例

  1. 建築基準法第20条(構造耐力)違反
    • 適切な基礎が設けられていない。
    • コンテナと基礎が適切に緊結されていない。
    • 複数積み重ねる場合に、コンテナ相互が適切に接合されていない。等
  2. 建築基準法第48条(用途地域等)違反
    • 当該用途を建築できない用途地域内に建築している。

例)コンテナを利用した貸し倉庫を、第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域又は第一種中高層住居専用地域内に建築している。
なお都市計画法の規定により、市街化調整区域では、原則としてコンテナを倉庫として設置することはできません。

コンテナを利用した倉庫を設置される方へ

倉庫の設置に係る建築基準法等への適合性のご相談は、設置予定場所を所管する各地方局建築指導課、関係土木事務所及び各特定行政庁(審査機関)にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部建築住宅課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2757

ファックス番号:089-941-0326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ