文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 交通・道路 > 高速道路 > 高規格幹線道路(四国8の字ネットワーク・中四国連携ルート)

ここから本文です。

更新日:2018年3月7日

高規格幹線道路(四国8の字ネットワーク・中四国連携ルート)

高規格幹線道路とは、自動車の高速交通の確保を図るために必要な道路で、全国的な自動車交通網を構成する自動車専用道路であり、1987(S62)年6月26日の道路審議会の答申に基づき14,000Kmの高規格幹線道路網が決定されました。
第四次全国総合開発計画(1987(S62)年6月30日閣議決定)においても、21世紀に向け多極分散型の国土を形成する“交流ネットワーク構想”を推進するため、「全国的な自動車交通網を構成する高規格幹線道路網については、高速交通サービスの全国的な普及、主要拠点間の連絡強化を目標とし、地方中枢・中核都市・地域の発展の核となる地方都市及び周辺地域等からおおむね1時間程度で利用が可能となるよう、およそ14,000kmで形成する。」とされています。

四国8の字ネットワーク

四国8の字ネットワーク等概要図(PDF:568KB)

 四国の高速自動車国道は、徳島市を起点に三好市、四国中央市、松山市を経由し大洲市まで四国を東西に貫く四国縦貫自動車道222kmと、阿南市を起点に高松市、四国中央市、高知市、宇和島市を経由し大洲市まで四国をS字型に結ぶ四国横断自動車道440kmで構成され、合わせて662kmの四国を8の字に循環する高速道路ネットワークです。

四国8の字ネットワークは、四国縦貫自動車道、四国横断自動車道、高知東部自動車道(36km)、阿南安芸自動車道(110km)で構成される全長約810kmの高速道路ネットワークです。四国4県を8の字で結ぶことから、「四国8の字ネットワーク」と呼ばれており、2017(H29)年4月1日現在で、約71%の整備率となっています。

 

 

 

愛媛県の四国縦貫自動車道・四国横断自動車道

高規格幹線道路図(PNG:1,027KB)

 高速自動車国道である四国縦貫自動車道・四国横断自動車道は、1985(S60)年3月27日に四国で初めて三島川之江ICから土居ICまでの間11kmが開通したのを皮切りに、その後も西日本高速道路株式会社等によって順調に整備が進められています。

愛媛県内ではこれまでに、四国縦貫自動車道は徳島県境から大洲ICまでの133.7kmが供用済み、また、四国横断自動車道は香川県境から高知県境までの20.5kmおよび宇和島北ICから大洲北只ICまでの32.0kmが供用済みで、両自動車道を合わせると186.2kmが供用されています。

 

 

 

 

 

大洲道路

一般国道56号大洲道路(6.4km)は、四国8の字ネットワークの一部を形成する無料の自動車専用道路として、国土交通省により整備されています。

1991(H3)年3月に大洲冨士IC~大洲南IC間が開通した後、2002(H14)年3月に東大洲(大洲IC側)で四国縦貫自動車道と、2004(H16)年4月に大洲北只(大洲北只IC側)で四国横断自動車道とそれぞれ接続しており、全線開通しています。このうち、大洲北IC付近~大洲南IC付近間(約3.5km)が完成4車線で整備されています。

宇和島道路

一般国道56号宇和島道路(外部サイトへリンク)(17.5km)は、四国8の字ネットワークの一部を形成する無料の自動車専用道路として、国土交通省により整備されています。

1993(H5)年3月に宇和島北IC~宇和島朝日IC間が開通した後、順次、部分開通(暫定2車線)し、2015(H27)年3月の津島高田IC~津島岩松IC間の開通(完成2車線)により、全線開通しています。なお、2012(H24)年3月には、西予宇和IC~宇和島北IC間の開通により、四国横断自動車道と接続しています。

津島道路

一般国道56号津島道路(外部サイトへリンク)(10.3km)は、津島岩松ICで宇和島道路に接続し、四国8の字ネットワークの一部を形成する無料の自動車専用道路(完成2車線)として、国土交通省により2012(H24)年度に事業化され、整備が進められています。

 内海~宿毛

一般国道56号津島道路の(仮称)内海ICから一般国道56号中村宿毛道路の(仮称)宿毛ICまでの区間(約30km)については、2015(H27)年度から、国土交通省が、事業化に向けた、概略ルート・構造の検討(計画段階調査を進めるための調査)に着手しています。

計画段階評価手続きのこれまでの経緯は次のとおりです。

第1回 四国地方小委員会開催 平成28年9月30日(外部サイトへリンク)

第1回 地域の意見聴取(アンケート調査)実施 平成29年9月15日~10月5日(外部サイトへリンク)

第2回 四国地方小委員会開催 平成30年1月24日(外部サイトへリンク) 

 暫定2車線区間の4車線化

暫定2車線区間では渋滞の発生や非常時の対応のほか、死亡率の高い事故が発生するなど交通安全面で大きな課題を有しており、県内の供用中の高速道路においては、約55%の区間(延長)が暫定2車線となっています。
国土交通省及びNEXCOでは、ビッグデータ等により速度低下や事故等の課題を整理し、4車線化や付加車線設置を計画的に実施することとしており、県内においては、伊予IC~内子五十崎IC間のうち、伊予市の明神山トンネルを含む6.3km区間での付加車線設置が決定しています。

付加車線設置検証路線 平成28年6月7日 国土交通省発表(外部サイトへリンク)

付加車線試行設置箇所 平成28年8月31日 平成28年度第2回愛媛県渋滞対策協議会発表(外部サイトへリンク)

スマートインターチェンジ

高速道路の有効活用や地域経済の活性化に向け、従来のインターチェンジよりも低コストで整備可能なETC専用のスマートインターチェンジの整備が推進されています。
県内では、伊予IC~内子五十崎IC間において、(仮称)中山スマートICが2019(H31)年度中の供用を目標に整備が進められています。また、川内IC~松山IC間では、(仮称)東温スマートICとして、準備段階調査 (国として必要性が確認できる箇所として、国が調査を実施)が進められており、2018(H30)年度の新規事業化を目指しています。

中四国連携ルート

中四国連携ルートは、島根・広島・愛媛・高知の西瀬戸地域4県を南北に結ぶ高速交通体系で、有機的な連携を強化し、経済・文化など多様な交流に資することが期待されます。

特に、西瀬戸自動車道及び今治・小松自動車道は、中国地方の高速道路網と四国8の字ネットワークを結ぶ重要な路線です。

西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)

西瀬戸自動車道西瀬戸自動車道(外部サイトへリンク)(46.6km)は、本州四国連絡橋公団(現本州四国連絡高速道路(株))により整備され、中国地方と四国地方を結ぶ幹線ルートとしての機能はもとより、沿道の島々に住む人々にとって生活道路としても大きな役割を果たしており、海峡部の橋には原動機付自転車及び自転車歩行者専用の道路も併設され、1999(H11)年5月に開通しました。

また、中間にある生口島道路(6.5km)及び大島道路(6.3km)は、国土交通省によって整備され、2006(H18)4月に中国地方と四国地方間が自動車専用道路で結ばれました。

この自動車専用道路(59.4km)は「瀬戸内しまなみ海道」の愛称で親しまれています。

西瀬戸自動車道に架かる橋の概要

所在地

橋梁名

橋種

橋長

支間長(橋長内訳)

桁下高

塔の高さ

供用年月日

(m)

(m)

(m)

(m)

広島県

新尾道大橋

斜張橋

546

85+215+85+80.5+80.5

36

77

1999年5月1日

因島大橋

吊橋

1,270

250+770+250

50

146

1983年12月4日

生口橋

斜張橋

790

150+490+150

26

127

1991年12月8日

広島・愛媛県境

多々羅大橋

斜張橋

1,480

270+890+320

40

226

1999年5月1日

愛媛県

大三島橋

アーチ橋

328

15.5+297+15.5

26

-

1979年5月13日

伯方・大島大橋

伯方橋

桁橋

325

90+145+90

26

-

1988年1月17日

大島大橋

吊橋

840

140+560+140

32

97

1988年1月17日

来島海峡第一大橋

吊橋

960

50+140+600+170

46

149

1999年5月1日

来島海峡第二大橋

吊橋

1,515

250+1,020+245

65

184

1999年5月1日

来島海峡第三大橋

吊橋

1,570

260+1,030+280

65

184

1999年5月1日

今治・小松自動車道

今治・小松自動車道は、西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)今治ICと四国縦貫自動車道・いよ小松JCTを結ぶ23.3kmの自動車専用道路で、国土交通省が整備を進めています。

このうち、今治小松道路(今治湯ノ浦IC~いよ小松JCT)13kmは2001(H13)年7月に全通し、残る今治道路(外部サイトへリンク)(今治IC~今治湯ノ浦IC)10.3kmは2001(H13)年度に事業化され、整備が進められています。

環瀬戸内海地域交流促進協議会

環瀬戸内海地域交流促進協議会(外部サイトへリンク)は、環瀬戸内海地域の経済界や、7つの県(兵庫県、岡山県、広島県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県)等の関係者が一体となって様々な分野での交流を促進し、経済・生活・文化の一層の発展向上を図ることを目的に設立され、地域の魅力を全国に発信しています。


愛媛の道路ポータルサイトへ

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

土木部道路建設課 高速道路係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2710

ファックス番号:089-912-2719

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ