文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 林業 > 林業振興・産材利用促進 > 竹資源循環利用促進プログラム

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

竹資源循環利用促進プログラム

近年、竹や筍の輸入量の増大や代替材の進展等により、国産筍の価格低迷、竹製品の需要量の減少、生産者の減少・高齢化等が進み、多くの竹林が放置されるようになりました。

この結果、竹林がその面積を拡大し、周辺の農地やスギ・ヒノキ等の人工林に侵入するほか、過密状態となって、水資源のかん養や土砂流出防止等、竹林の公益的機能の低下が懸念されています。

そこで、愛媛県では、平成16年度に「竹資源循環利用促進プログラム策定委員会」を設置し、竹資源の循環利用と竹林整備に関する「竹資源循環利用促進プログラム」を策定しました。

なお、このプログラムに基づく竹資源循環利用プロジェクトは段階的に推進することとし平成18、19年度は、県民参加・交流モデル竹林を設定し、地域事情に応じた県民参加型の竹林整備を目指すとともに、「えひめ竹資源循環利用促進検討会」を開催し、竹資源に関する情報交換並びに需要開拓の検討を行いました。

  1. 竹資源循環利用推進事業(事業年度:H17~H19)→htmlファイル
  2. 竹資源循環利用促進プログラム(PR版)→PDFファイル16ペ-ジ
  3. 竹資源循環利用促進プログラム→PDFファイル64ペ-ジ 
  4. 愛媛県内における新たな竹資源利用の方向→htmlファイル

愛媛の林業へ

お問い合わせ

農林水産部林業政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2585

ファックス番号:089-912-2594

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ