文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 雇用・労働 > 就労支援 > 身体障害者補助犬法施行令の一部改正について

ここから本文です。

更新日:2017年7月24日

身体障害者補助犬施行令の一部改正について

平成30年4月1日から身体障害者補助犬施行令の一部が改正されます

身体障害者補助犬法施行令の一部を改正する政令が平成29年6月30日に公布され、

平成30年4月1日から施行されることとなりました。

改正の内容

身体障害者補助犬法第10条第1項で規定されている、その事業所又は事務所に勤務する身体障がい者が

当該事業所又は事務所において身体障害者補助犬を使用することを拒んではならない事業主の範囲が、

労働者数「50人以上」から「43.5人以上」に改められます。

ただし、当分の間は労働者数を「45.5人以上」とします。

施行日

平成30年4月1日

 

身体障害者補助犬法改正リーフレット(PDF:746KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部雇用対策室

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2505

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ