文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 雇用・労働 > 労働者福祉 > 仕事と家庭生活が両立できる職場環境づくりのための助成金等について

ここから本文です。

更新日:2017年3月31日

仕事と家庭生活が両立できる職場環境づくりのための助成金等について

愛媛県では、労働者が安心して働けるよう、仕事と育児・介護を両立しやすい職場環境づくりに積極的に取り組む事業主を支援するため以下の助成金等を設けております。

男性の育児休業取得促進助成金

男性の育児休業取得促進に努める事業者に対し、助成金を交付します。 ※要制度利用実績
(同一の利用実績での国の両立支援等助成金との併給はできません。)

育児・介護短時間勤務制度等導入助成金

育児・介護休業法に定められた水準を上回る一定の両立支援制度を導入し、その利用促進に努める事業主に対し、助成金を交付します。 ※要制度利用実績
(同一の利用実績での国の両立支援等助成金との併給はできません。)

 男性の育児休業取得促進助成金

男性の育児休業取得促進に努める事業者に対し、助成金を交付します。

交付対象事業者の主な要件

交付額

(1) 就業規則又は労働協約により育児休業制度を設けていること。
(2) 次世代法に基づく一般事業主行動計画を策定し、労働局への届出を行っていること。
(3) 男性従業員の育児休業制度利用が1週間以上あったこと。
 ※5日間の利用でも交付対象となる場合があります。

(同一の利用実績での国の両立支援等助成金との併給はできません。)

2週間未満 10万円
2週間以上4週間未満 15万円

4週間以上 20万円

 (1事業主1回限り)

えひめ子育て応援企業及び同ゴールド企業には、25~50%の増額があります。

 

交付要綱及び申請書様式

 育児・介護短時間勤務制度等導入助成金

育児・介護休業法に定められた水準を上回る両立支援制度を導入し、その利用促進に努める事業主に対し、助成金を交付します。

交付対象事業者の主な要件

交付額

(1) 就業規則又は労働協約により以下のいずれかの制度を設けていること。

イ 3歳以上の子を養育する従業員(以下「対象従業員」という。)が利用できる育児休業制度又は育児短時間勤務制度等※
ロ 家族を介護する従業員が通算6か月以上利用できる介護休業制度又は在宅勤務制度
ハ 出産・育児に伴い離職した女性の再雇用制度

(2) (1)イロハの各制度について以下の実績があったこと。

イ関係 対象従業員の利用が2週間以上あったこと
ロ関係 休業制度については、従業員の利用が通算94日以上認められた上で、2週間以上の利用があったこと。短時間勤務制度等については、従業員の利用が通算6か月以上認められた上で、2週間以上の利用があったこと
ハ関係 当該制度により正社員として再雇用したこと

(同一の利用実績での国の両立支援等助成金との併給はできません。)

10万円
(1事業主、制度導入毎に1回限り)

えひめ子育て応援企業及び同ゴールド企業には、25~50%の増額があります。

 ※短時間勤務制度等には、「フレックスタイム制」、「始業・終業時刻の繰上げ・繰下げ」、「所定外労働の免除」、「在宅勤務制度」を含みます。

交付要綱及び申請書様式

 申請先

【申請先】

名称

所在地

電話・FAX

東予地方局 商工観光室

〒793-0042
西条市喜多川796-1

TEL 0897-56-1300(代表)
FAX 0897-56-1308

中予地方局 商工観光室

〒790-8502
松山市北持田町132

TEL 089-909-8760
FAX 089-909-8394

南予地方局 商工観光室

〒798-8511
宇和島市天神町7-1

TEL 0895-22-5211(内線312)
FAX 0895-22-2512

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部労政雇用課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2500

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ