文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年7月24日

アビリンピック

全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)

全国アビリンピックの概要

全国アビリンピック(全国障害者技能競技大会)は、障がいのある方々が就労している職業を競技として実施し、技能を競い合い、障がいのある方の職業能力の向上、また障がいのある方々に対する社会の理解と認識を深め、雇用の促進と地位の向上を図ることを目的として、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の主催により開催されています。

競技種目と対象(22種目)

競技種目

対象

洋裁、家具、DTP、機械CAD、建築CAD、電子機器組立、義肢、歯科技工、ワード・プロセッサ、データベース、ホームページ、フラワーアレンジメント、コンピュータプログラミング、ビルクリーニング、製品パッキング、喫茶サービス、オフィスアシスタント、表計算

身体障がい者
知的障がい者
精神障がい者

パソコン操作

身体障がい者
(視覚障がい者に限る)

パソコンデータ入力、縫製、木工

知的障がい者

大会内容・結果

  • 平成29年度:第37回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)の結果。
    愛媛県から7人の選手が参加し、山田選手が金賞を受賞しました。
    第37回大会結果の詳細)

 

     

 

 

国際アビリンピック

国際アビリンピックは、「国際障害者年」である1981年(昭和56年)に第1回大会が東京で開催されて以降、おおむね4年ごとに世界各都市で開催されています。

第9回国際アビリンピック

  • フランスのボルドーにおいて、平成28年3月23日(水曜)から26日(土曜)までの4日間にわたり開催され、愛媛県からは1名の選手が参加しました。

詳細は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構のホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。

第8回国際アビリンピック

平成23年9月25日から10月1日までの6日間、大韓民国ソウル市で第8回国際アビリンピックが開催され、「第32回全国障害者技能競技大会(アビリンピック)」での成績が優秀で、かつ、「第8回国際アビリンピック派遣委員会」の推薦などにより選ばれた選手31名が出場し、愛媛県からは、2名の選手が参加しました。

 

 

 

えひめアビリンピック

えひめアビリンピックは、障がい者の職業能力の開発等を促進し、技能労働者として社会に参加する自信と誇りを持ってもらうとともに、広く障がい者に対する社会の理解と認識を高め、雇用の促進を図ることを目的として、愛媛高齢・障害者雇用支援センターの主催により開催されています。

えひめアビリンピックの詳細は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構愛媛支部(電話089-905-6780)までお問合せください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

経済労働部労政雇用課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2500

ファックス番号:089-912-2508

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ