文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 観光 > 観光情報 > 愛媛県観光ホームページ「いよ観ネット」の全面リニューアルに関する臨時記者会見の要旨について

ここから本文です。

更新日:2017年8月30日

愛媛県観光ホームページ「いよ観ネット」の全面リニューアルに関する臨時記者会見の要旨について

日時:平成29年8月29日(火曜日)15時39分~15時50分

場所:知事会議室

 

 

(知事)

 県では、これまでも観光ホームページ「いよ観ネット」により、本県観光情報の積極的な発信に努めてきたところでありますが、観光客ニーズが多様化し、観光情報の入手方法がパソコンからスマホにシフトしていることなどを踏まえるとともに、えひめ国体を契機とした国内誘客、また東京オリンピック・パラリンピックを見据えた海外誘客、またソウル便をはじめとする海外路線の展開等も考え、全面リニューアルを行い、9月1日の金曜日から公開することといたしました。

 国内版につきましては、愛媛に関心を持つ人に来訪していただき、幅広く県内を周遊してもらうため、魅力ある美しい画像を多く掲載し、簡単に情報を入手することができ、交通や宿泊の手配まで完結できる、時代に即した「観光客目線による情報発信」中心のホームページとしており、アクセス急上昇ランキングによる観光スポット表示、おすすめ観光スポットを紹介するレコメンド機能、スマホ最適化、全面スマホ対応となります。予約機能の強化、これはパッケージツアーの手配も可能となっています。飲食店の検索ができるシステム、こういったことが新たな特長となります。

 海外版のホームページは、これまで「いよ観ネット」として、日本語版と共通のプラットホームで運営してきたサイトを独立させまして、新たに「Visit Ehime Japan」という名称で、英語、中国語の繁体字、簡体字、韓国語の4言語版を制作しました。

 近年、外国人観光客の情報収集手段がインターネットやSNSに移行する中で、まずは、愛媛をよく知らない外国人の目を引くことに主眼を置きまして、トップページで、インパクトのある動画やビジュアルを展開するとともに、今後、増大する個人旅行者の利便性向上に向けたアクセス情報の充実や、モデルルートの情報の追加を行ったものでございます。

 また、若者や女性、個人旅行者などの新たな需要の掘り起こしに向け、サイクリングをはじめ、シーウォーカー、キャニオニング、砥部焼絵付け、石鎚トレッキングなど、海外から本県への誘客を拡大する上で大きな武器となる、愛媛ならではの体験型コンテンツの情報発信には、特に力を入れて制作を行ったところであります。

 なお、若手職員発案の体験型コンテンツデータベース化の検討も現在、並行して行われていますことから、それらの情報の反映を随時行いまして、さらなる充実を今後とも図っていきたいと思います。

 チェジュ航空の就航を機に、2020年の東京オリンピック・パラリンピックも見据え、このホームページを強力なプロモーションツールとして、世界に誇る本県の観光や食の魅力を海外に発信し、これまで取り組んできた東アジアや東南アジアのみならず、欧米豪など、新たな市場の開拓にもつなげていきたいというふうに思います。

 具体的な内容について、担当から説明をさせていただきます。

 

 ※リニューアルしたホームページの画面を示しながら説明

 

(観光交流局長)

 それではまず、国内版向けサイトについて説明をいたします。

 今回のリニューアルの最大の特徴は、ビジュアル面の大幅な強化でございます。トップページを開いた瞬間から、中予、南予、東予、三つの地域それぞれに魅力的な画像が目に入ってきて、強烈なインパクトを与えます。

 また、スマホでの利用を意識いたしまして、読み物としても楽しめる特集を17ご用意しております。このうち、主な八つの特集に絞ったバナーは、俳句を意識いたしまして、珍しい「縦書き」としております。

 他にも、旬のおすすめ情報、アクセス急上昇ランキング、動画、インスタグラムとの連携など、盛りだくさんの内容をトップページに縦長で配置しておりますが、これはいわゆるスマホの特徴でございます、縦スクロールに対応したページ設計でございます。

 次に、観光スポットの詳細画面でございますが、こちらも美しくインパクトのある写真を多数配置し、視覚的に訴えるものとしております。各スポットのページの下の方には、近隣の道の駅や温泉、「このページを見ている人はこんなページも見ていますよ」といった、レコメンドも配置いたしまして、興味をもって他のページも見ていただけるよう工夫をしております。

 その他、ご当地グルメの紹介だけではなく、実際に県内の飲食店が検索できるシステムや愛媛に旅行しようと思い立ったときに、すぐに宿や交通手段の手配ができるシステムも設けてございます。

 続いて、海外向けサイトについて説明いたします。

 使用する言語につきましては、トップページ、こちらの方からお選びをいただけるようになっております。

 海外向けサイトの特徴は、各国の嗜好に合わせたビジュアルやコンテンツによる情報発信でございます。

 トップページのメインビジュアルにつきましては、言語ごとに異なる画像を使用しています。例えば、英語版では、中予は日本的な雰囲気が漂う道後温泉でございますが、繁体字版では、台湾の方が好む桜をメインビジュアルにしております。また、季節のおすすめについても、言語ごとに差別化を図っているところでございます。

 特集記事につきましては、道後温泉など四つのテーマを設け、外国人ライターの執筆により紹介をしております。他にも、動画やインスタグラム等のSNSでも愛媛県の魅力を発信しております。

 観光スポット及び体験メニューは、72件掲載しており、テーマごとに検索することが可能でございます。こちらは、滑床渓谷のキャニオニングでございます。大きくクリアな写真を用意し、体験型コンテンツ等への誘導を図ることとしております。先ほど知事からも話しがございましたけれども、体験型コンテンツにつきましては、これからも、随時、追加拡充を図り、常に鮮度を保ちながら魅力を発信していくこととしております。

 また、愛媛を訪れる外国人観光客に役立つ情報も充実しております。県内において海外のクレジットカードでも日本円をキャッシングできるATMやFree Wi-Fiスポットなどの情報も掲載しているところでございます。

 簡単でございますが、説明は以上でございます。

 

(知事)

 ご覧いただきましたように、国内、海外とも、スマホの最適化とビジュアル面の大幅強化を図っています。

 この「いよ観ネット」は、完全リンクフリーとなっておりますので、県民の皆さん、また県内企業の皆さんにおかれましては、SNSによる情報発信やバナー、リンク等によるPRにご協力いただきますとともに、中予から南予への周遊など、県内観光にも役立つ情報が多数掲載されていますので、ぜひ幅広くご活用をいただけたらと思います。

 以上です。

 

(南海放送)

 先ほど知事も言っていたように、リニューアルしても見てくれる人が増えないと意味がないと思うが、どのように閲覧を増やしていくつもりか。

 

(知事)

 実は、「いよ観ネット」はスマホ対応ができていなかったんですよ。だから、そこのところが今回最大の改善点でありまして、これをもってですね、スマホで気楽に手軽にアクセスできるようになりますから、周知を図ることによってアクセス数は飛躍的に上がってくるものと期待をしています。

 また、今申し上げたように、県民の皆さんや企業の皆さん、マスコミの皆さんにもご協力をいただいてですね、この存在を広めていきたいと思います。そこから自然に拡散していくと思うので、見どころ満載のホームページなので、ぜひアクセスしていただきたいと思います。

 

(日本経済新聞)

 先ほどチェジュ航空の話も出たが、このサイトをソウル線の利用促進にどう生かしていくつもりか。

 

(知事)

 そうですね、チェジュ航空は、この前、就航時にお話ししたとおりですね、これまでのアシアナ航空のやり方とは違って、スマホからの予約システム、会員になると特典が満載、そういったLCCならではのやり方をしています。よって、お客さんの層が20代、30代が中心となることが予想されています。この20代、30代の韓国の方が好むのは、体験型のコンテンツと聞いておりますので、まさにタイミングとしてはドンピシャだったんですね。

 また、若手職員に今、体験型コンテンツの情報収集をやってもらっていますから、これをさらに肉付けして、もう300近くあるのかな、それらの改善点の整理なども、どんどん情報として集約してもらっていますので、これを市町にフィードバックしてですね、ぜひそういった受け入れの準備を各市町ごとでも行ってもらいたいと思っています。

 それができた段階で、順次さらに追加をしていくということで、特にチェジュ航空ということでいえば、体験型コンテンツの情報、データというのが大きな力になるのではないかと期待しています。

お問い合わせ

経済労働部観光物産課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2490

ファックス番号:089-912-2489

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ