文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年6月2日

結核予防計画

愛媛県では、結核を県の公衆衛生上の課題から解消することを目的として、平成17年に「愛媛県結核予防計画(以下「予防計画」という。)」を策定し、県の果たすべき責務を具体的に明示し、計画的に結核対策に取り組んできたところです。

その間、平成19年に結核予防法が廃止され、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(以下「感染症法」という。)に統合され、結核は二類感染症に位置付けられました。

また、国では、平成19年3月に総合的に結核対策を実施するため、感染症法第11条に基づき「結核に関する特定感染症予防指針」(以下「予防指針」という。)を策定(平成19年4月1日適用)し、平成23年5月には、予防指針の一部を改正しました。 

このため、県では、平成23年3月、計画期間の満了を受け、予防指針の改正、結核の現状と課題を踏まえて、平成23年度から平成27年度を計画期間とする計画に改訂するとともに、平成28年3月には、再検討を行い、平成28年度から平成32年度を計画期間とする計画に改訂しました。 

なお、予防計画は、感染症法第10条の規定に基づき策定している「愛媛県における感染症の予防のための施策の実施に関する計画(愛媛県感染症予防計画)」の具体的対策として位置付けています。

 

予防計画は、次からダウンロードできます。

一つ前に戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ