文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 平成26年度電源立地地域対策交付金の活用

ここから本文です。

更新日:2015年5月26日

平成26年度電源立地地域対策交付金の活用

ウイルス検査に使用する超遠心機の整備(整備場所:衛生環境研究所)

電源立地地域対策交付金は、発電用施設の周辺地域における公共用施設の整備や企業の産業関連技術の振興のための事業に対して交付金を交付することで、発電用施設の設備に係る地元の理解促進等を図ることを目的としています。

平成26年度にこの交付金を活用して、愛媛県立衛生環境研究所(愛媛県松山市)に、超遠心機を整備しました。

本機器は、ウイルスの電子顕微鏡検査や遺伝子検査のための試料作成に使用し、感染症や食中毒による健康被害発生時の原因究明や、食の安全安心の確保に活用します。

超遠心機

愛媛県立衛生環境研究所 ウイルス科に設置した超遠心機

お問い合わせ

保健福祉部健康増進課 烏谷

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2400

ファックス番号:089-912-2399

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ