文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 薬事 > 毒物劇物取扱責任者に関するQ&A

ここから本文です。

更新日:2017年3月28日

毒物劇物取扱責任者に関するQ&A

毒物劇物取扱責任者の資格について

Q1 毒物劇物取扱責任者の資格とは?

 次の方は、(毒物及び劇物取締法第8条に定める)毒物劇物取扱責任者の資格があります。
 1 薬剤師
 2 厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者
 3 各都道府県が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者

 ただし、次の方は毒物劇物取扱責任者になることができません。
 1 18歳未満の者
 2 心身の障害により毒物劇物取扱責任者の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
 3 麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者
 4 毒物若しくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に処せられ、、その執行を終り、又は執行を受けることがなくなった日から起算して3年を経過していない者

Q2 毒物劇物取扱責任者の資格があるという証明書を発行していますか?

 毒物劇物取扱責任者の資格について証明書の発行はしておりません。
 資格を証明する書類はそれぞれ次のとおりです。 
 1 薬剤師・・・薬剤師免許証
 2 厚生労働省令で定める学校で、応用化学に関する学課を修了した者・・・卒業証明書又は成績証明書
 3 各都道府県が行う毒物劇物取扱者試験に合格した者・・・合格証書

毒物劇物取扱試験についてはこちら

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2390

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ