文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年6月15日

各ページロゴ

緊急食品情報リンクボタン 条例・推進計画リンクボタン 組織・審議会リンクボタン 監視指導・強化月間リンクボタン 説明会・講座リンクボタン メールマガジンリンクボタン
相談窓口リンクボタン 食中毒情報リンクボタン 食品表示リンクボタン 食品関連事業者の方へリンクボタン その他情報リンクボタン 関連リンクリンクボタン

 

放射性物質検査結果

県内流通食品に係る放射性物質検査の実施について

福島第一原子力発電所事故に伴い、県内流通食品の安全性に対する県民の皆様の関心が高まっていることから、平成24年2月から3月までの間、県内に流通する野菜や果物、その加工品などを対象に放射性物質の検査を実施しました。平成24年4月1日から新しい基準値が施行されたことから、牛乳や乳児用食品に対象を広げ、検査体制をさらに強化し、県内流通食品の安全安心の確保を図ります。

検査結果

実施概要

実施機関

県内5保健所(西条、今治、中予、八幡浜、宇和島)

分析機関

県内3保健所(西条、宇和島)、衛生環境研究所

検査予定数

  200検体/年間

対象食品

県民が日常的に摂取する次の食品

  • 一般食品(加工食品、野菜、くだもの、魚介類、食肉等):基準値100Bq/kg
  • 牛乳(原乳、牛乳、低脂肪乳、加工乳、乳飲料):基準値50Bq/kg
  • 飲料水(ミネラルウォーター、麦茶、緑茶):基準値10Bq/kg
  • 乳児(1歳未満)用食品(粉ミルク、ベビーフード等):基準値:50Bq/kg

検査方法

  • 一般食品:スクリーニング法による検査
  • 牛乳、飲料水、乳児用食品:ゲルマニウム半導体検出器による検査

基準値を超過した場合の措置

食品衛生法違反として速やかに回収等の必要な措置を行うとともに、厚生労働省及び関係自治体へ通報する。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部薬務衛生課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2390

ファックス番号:089-912-2389

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ