文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > ペット・動物愛護 > 動物愛護 > 愛媛県動物愛護センター > 人と動物がともに楽しく生活する社会を目指しましょう

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

人と動物がともに楽しく生活する社会を目指しましょう (犬猫の正しい飼い方)

  愛媛県では年々減少しているものの、いまだ多くの犬猫が収容されています。

 不幸な命を減らすため、皆さんにもできることがあります。 

収容される動物について

 収容される犬猫は拾われたり飼い主から引き取ったりした犬猫と、捕獲された犬たちです。 飼い主からの引き取りは、飼い主が安易な気持ちで飼いだした結果です。また、拾われたり捕獲されたりした犬猫の中には、首輪をしているなど飼い主がいることが推測されるものの、飼い主のもとに戻れない犬猫も少なからずいます。子猫

 収容される犬猫は、犬では捕獲された子犬が、猫では拾われた子猫が多く、特に子猫は、全収容数の半数を占めています。栄養状態が良いと猫は年に3回子猫を産みます。その結果、動物愛護センターには毎年多くの子猫が収容されています。

 不幸な命を減らすため、1人1人が犬猫について正しく理解し、各々の責任を果たしましょう。

飼う前に考えよう

本当に飼えるかな?

 「かわいいから」という安易な考えで飼うことは絶対にせず、本当にその犬猫の一生に責任を持てるか、よく考えてください。

  • 家族みんなが動物を飼うことに賛成ですか?
  • 終生飼えますか?
  • お住まいは動物を飼うことに適していますか?
  • 転勤や引越しなどの心配はありませんか? みんな賛成
  • 繁殖制限の必要性を理解できますか?
  • 経済的な余裕はありますか? 
  • ご近所に迷惑をかけずに飼えますか?
  • 法律や条例などの決まりを守れますか?
  • 飼えなくなった時のことを考えていますか? (後を見てくれる人は見つかっていますか?)

 以上の項目に不安のある方は、今は犬猫が飼えないようです。

 飼わないことも愛情です。十分に考えて飼える環境になってから飼い始めましょう。 

 リンク:8つのチェック項目

 リンク:あなたの愛犬がみんなから好かれるために(PDF:602KB)

 リンク:あなたの愛猫がみんなから好かれるために(PDF:677KB)

 リンク:飼う前も、飼ってからも考えよう(環境省HP)(外部サイトへリンク)

 リンク:宣誓!無責任飼い主 ゼロ宣言(環境省HP)(外部サイトへリンク)

 飼い始めたら 

飼い主の義務(犬)リード鑑札

  • 犬を飼ったら市役所・町役場で必ず「犬の登録」をしましょう。 
  • 年1回の狂犬病予防注射を受けましょう。
  • 犬を飼っている旨の標識を見やすい場所に掲示しましょう。
  • 犬は繋ぐか、逃亡しない方法(室内、囲い等)で飼いましょう。
  • 散歩のときも必ず引き綱をつけましょう。

犬猫の習性を正しく理解し、愛情を持って終生飼養する治療

  • 家族の一員として亡くなるその日まで愛情を持って飼育することはもちろんのこと、犬猫の習性を正しく理解し、適正に飼育しましょう。 
  • 犬は地域社会の一員として、最低限のしつけを身に着けさせましょう。
  • 動物愛護センターでは、しつけ方教室を開催しています。また、しつけ方の相談も受け付けています。 

毎日の健康管理と感染症等病気の予防と治療

  • 毎日の世話を通じて犬猫の様子や飼育環境をよく観察しましょう。
  • 犬猫の食欲、動作、表情、排泄物などに注意し、異常があったら獣医師に相談しましょう。
  • 犬猫にも人と同じように感染症や生活習慣病などたくさんの病気があります。定期的な健康診断と予防接種をすることも大切です。
  • 人と動物では食べる物が違います。ネギ類やチョコレートなどは犬猫に与えてはいけません。人が普通に食べる物でも、犬猫には害になる物があります。犬猫にあった食べ物を与えましょう。
  • 喫煙する人は副流煙にも注意しましょう。タバコの副流煙は人だけでなく一緒に暮らす犬や猫の健康にも悪影響を与える可能性があります。受動喫煙の害に気を付けてください。
  • 他にも、消臭剤、殺虫剤などの化学薬品は臭覚の鋭い犬猫には想像以上のストレスとなる可能性があります。

 不妊・去勢手術を実施する

  • 生まれてきた子犬子猫をすべて飼えますか? 繁殖制限
  • 飼ってくれる人はなかなか見つかりません!
  • 不幸な子犬子猫を作らないためにも、メスもオスも不妊・去勢手術を受けさせましょう。
  • 手術により、発情期のストレスがなくなり、性格が穏やかになるほか、生殖器系の病気にかかりにくくなります。

 リンク:ふやさないのも愛(環境省HP)(外部サイトへリンク)

 所有者を明らかにする

  • 犬猫には、迷子札(飼い主の連絡先を記入する)やマイクロチップをつけ、迷子になっても飼い主のもとへ帰れるようにしましょう 。 所有者明示
  • 室内飼いの犬猫でも万が一に備えて迷子札などをつけましょう。 
  • もし迷子になった場合には、直ちに迷子になった場所の市役所・町役場、警察、動物愛護センターにお問い合わせください。

 リンク:マイクロチップを入れてますか(環境省HP)(外部サイトへリンク)

 猫は室内飼養をする 

  • 屋外は交通事故や怪我、感染症等により命を落とす危険があったり、糞尿等で近隣トラブルになることがあります。室内飼養に努めましょう。
  • 環境が整えば猫はストレスなく十分室内だけで過ごすことができます。 

 リンク:猫は室内で飼おう!(環境省HP)(外部サイトへリンク)

その他

地域猫活動をご存知ですか?

 地域での猫のトラブルの解決策の一つとして「地域猫活動」という方法があります。

 飼い主のいない猫を地域住民が中心となって給餌やトイレの世話などをルールに基づいて管理し

 不妊去勢手術を実施してこれ以上増やさず天寿を全うさせ、数を減らしていく活動のことを指します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部動物愛護センター

〒791-0133 松山市東川町乙44-7 

電話番号:089-977-9200

ファックス番号:089-914-5415

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ