文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

 動物取扱責任者

動物取扱責任者の配置について

事業所ごとに専属の動物取扱責任者を、常勤職員の中から1名以上配置することが義務付けられています。

(他の事業所との兼務はできません)

動物取扱責任者の要件

動物取扱責任者は、次のいずれかの要件を満たす必要があります。

1 半年間以上の実務経験

営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る半年間以上の実務経験があること。

実務経験があると認められる種別の一覧
営もうとする種別 実務経験があると認められる関連種別
販売(飼養施設あり) 販売(飼養施設あり) 貸出し
販売(飼養施設なし) 販売(飼養施設あり・なし) 貸出し
保管(飼養施設あり)

販売(飼養施設あり) 保管(飼養施設あり) 貸出し

訓練(飼養施設あり) 展示 譲受飼養

保管(飼養施設なし)

販売(飼養施設あり・なし) 保管(飼養施設あり・なし) 貸出し

訓練(飼養施設あり・なし) 展示

貸出し 販売(飼養施設あり) 貸出し
訓練(飼養施設あり) 訓練(飼養施設あり)
訓練(飼養施設なし) 訓練(飼養施設あり・なし)
展示 展示
競りあっせん 販売(飼養施設あり・なし) 競りあっせん
譲受飼養

販売(飼養施設あり) 保管(飼養施設あり) 貸出し

訓練(飼養施設あり) 展示 譲受飼養

2 所定の学校の卒業

営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術について、一年間以上教育する学校その他の教育機関を卒業していること。

3 所定の資格の取得

公平性及び専門性を持った団体が行う客観的な試験によって、営もうとする第一種動物取扱業の種別に係る知識及び技術を習得していることの証明を得ていること。

 動物取扱責任者等の要件を満たしている資格一覧(PDF:105KB) (現在、愛媛県が知識及び技術を習得しているとして認めているものです。)

動物取扱責任者の役割

  • 自ら勤務する事業所において、動物及び施設の管理が適正に行われるよう職員を監督する。また、動物及び施設の管理に関して不備又は不適事項を発見した場合は、動物取扱業者に改善を進言する。
  • 動物取扱責任者研修において得た知識及び技術について、他の職員全員に伝達し習得させる。
  • 顧客に対して、適正な動物の飼養及び保管の方法等に係る重要事項を説明する。
 

動物取扱責任者研修について

動物取扱責任者は、自治体が開催する研修会を受講(年1回以上)しなければなりません。

 

 

愛護センターのトップページへ戻る

愛媛県ホームページへ戻る

 

狂犬病予防啓発

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部動物愛護センター

〒791-0133 松山市東川町乙44-7 

電話番号:089-977-9200

ファックス番号:089-914-5415

開館時間
・午前8時30分から午後5時まで
休館日
・毎週月曜日(月曜日が休日の場合は、次の休日でない日)
・年末・年始(12月29日から1月3日)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ