文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 感染症情報 > 愛媛県感染症情報センター > トピックス > 届出基準が変更されました(平成30年1月1日適用)

ここから本文です。

更新日:2018年1月5日

医師等から都道府県知事への届出基準が変更されました(平成30年1月1日適用)

お知らせ

  • 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について」が一部改正されました。(平成29年12月15日通知、平成30年1月1日適用)

    以下の疾患について、届出基準、届出様式が変更されました。

      五類感染症:百日咳、風しん

  • 詳細は、それぞれの届出基準をご確認下さい。

届出基準一部改正の概要

  • 通知

「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第12条第1項及び第14条第2項に基づく届出の基準等について(一部改正)」

(平成29年12月15日付 健感発1215第2号 厚生労働省健康局結核感染症課長通知)

  • 適用日

平成30年1月1日

  • 改正の概要

  以下のとおり改正されました。

  • 五類感染症の「百日咳」について、定点把握疾患から全数把握疾患へ変更し、発生届の様式が追加されました。
  • 五類感染症(全数把握疾患)の「風しん」について、患者の氏名、住所等を「直ちに」届け出るよう、届出基準が変更されました。
  • その他、所要の改正を行いました。

「百日咳」、「風しん」の発生届様式の変更は下記のとおりです。

百日咳(PDF:176KB)

風しん(PDF:214KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒790-0003 松山市三番町8-234 

電話番号:089-931-8757

ファックス番号:089-947-1262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ