文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2018年9月7日

感染症発生動向調査とは

目的

この調査は、医療機関の協力のもとに、感染症に関する情報の収集・分析を行い、地域における感染症の流行状況を把握し、予防に役立てることを目的としています。

対象疾患

平成11年4月に「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」が施行されました。この法律では、感染症を感染力や罹患した場合の重篤性に基づき分類し、調査を行っています。

疾患類型と対象疾患は以下のとおりです。

対象疾患20180907

全数把握感染症は、すべての医療機関から届出される疾患です。一類から四類感染症の63疾患と、五類感染症49疾患のうちの24疾患、患新型インフルエンザ等感染症2疾患の合計89疾患が対象です。

定点把握感染症は、地域における指定届出機関(定点)から週単位(一部疾患は月単位あるいは日単位)で届出される疾患です。五類感染症の25疾患と、疑似症の2疾患が対象です。

定点

定点とは、発生動向調査の観測用に選ばれた医療機関のことです。地域の流行状況について全体の傾向を可能な限り反映できるように、保健所ごとに設定されています。

定点には、患者情報を把握する患者定点、疑似症情報を把握する疑似症定点、病原体情報を把握する病原体定点の3種類があります。

患者定点には、インフルエンザ定点(内科と小児科)、小児科定点、眼科定点、STD定点(皮膚科、泌尿器科、婦人科)、基幹定点(内科と小児科を持つ300床以上の病院)の5種類があります。疑似症定点には、第一号疑似症定点(内科と小児科)と第二号疑似症定点(内科と小児科及び皮膚科)の2種類があります。

愛媛県の定点数は次のとおりです。

愛媛県の定点数

調査の流れ

定点からの患者情報と疑似症情報は、保健所を通じて感染症情報センターへ集められます。感染症情報センターでは、病原体検出情報や全国での発生状況等と合わせて各地域の流行状況を解析し、情報提供しています。

届出の流れ

愛媛県では月2回「愛媛県感染症情報」を発行し、情報提供してきました。平成14年4月からはホームページを開設し、できる限りリアルタイムで情報提供を行うようにしています。

お問い合わせ

保健福祉部衛生環境研究所

〒790-0003 松山市三番町8-234 

電話番号:089-931-8757

ファックス番号:089-947-1262

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ