文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障がい者福祉 > 相談窓口・支援等 > ≪障がい者文化芸術祭≫48時間デザインマラソン 説明会&プレイベントの開催について

ここから本文です。

更新日:2017年7月24日

≪障がい者文化芸術祭≫48時間デザインマラソン 説明会&プレイベントの開催について

愛媛県では、障がい者の文化芸術活動を通じた社会参加と障がいへの理解の促進を図るため、障がい者の文化芸術活動の発表やアート作品の展示、授産製品の販売、障がいのある人と地元デザイナーが共同でデザイン制作、商品開発に取り組む「48時間デザインマラソン」等を行う障がい者文化芸術祭を開催します。

このたび、障がい者文化芸術祭に先立ち、プログラムのひとつである「48時間デザインマラソン」の説明会&プレイベントを開催しますので、お知らせします。

(この事業は「三浦保」愛基金を活用して実施しています。)

1.開催日時

平成29年8月2日(水曜日)13時30分~16時30分

2.会場

Progresso eventroom プログレッソ パーク(松山市湊町4丁目3-10)(外部サイトへリンク)

  • できるだけ公共交通機関をご利用ください。
  • 車でお越しの方は、近隣の有料駐車場をご利用ください。

3.募集対象

障がいのある人、障がいのある人の家族・支援者、デザイナー、自治体(障がい福祉担当課・産業振興課など)、県・市社会福祉協議会従事者、地場産業従事者、大学生、ほかソーシャルビジネスに関心のあるNPO等。

  • 「48時間デザインマラソン」に参加希望の方は必ずこの説明会&プレイベントにご参加ください。
  • 同福祉施設から複数名の参加のお申込みがある場合は、人数を調整させていただくことがありますので予めご了承ください。

4.定員

40名(申込先着順)

5.参加費

無料

6.プログラム

第1部 人のしあわせ・平等と相互利益をやわらかに考える

  • ゲスト 芦田晃人さん(株式会社フェリシモ UNICOLART代表)

フェリシモは神戸にある通信販売を主とする会社です。「ともにしあわせになるしあわせ」をキーコンセプトに社会のしあわせという視点からさまざまなサービスや商品を生み出しており、そのひとつにUNICOLART(ユニカラート)と名づけた取組みがあります。

これは、全国100人強・登録作品総数1万点をこえる障害のある人の絵画・イラストバンク「エイブルアート・カンパニー」との協働の取り組みで、アーティストの作品を商品化し、その商品の購入によって積み立てた基金を、新たなアーティスト支援(制作支援)に生かそうとする試みです。

実はこの商品がきっかけとなって、さまざまな企業から、まったく別の商品やサービスが生まれてきています。芦田さんが考える、障がいのある人とデザイナー、障がいのある人と企業・地域コミュニティのあり方とは。

第2部 愛媛県の障がいのある人のアート活動の今!参加者の募集!48時間デザインマラソン

48時間デザインマラソンの実際の活動内容とともに、現在、愛媛県のなかで興味・関心の高い作品の売買、著作権を活用した商品化事業などに関するポイントも、全国的な事例に照らしながらお話します。

  • 進行 柴崎由美子(エイブルアート・カンパニー東京事務局・NPO法人エイブル・アート・ジャパン代表理事)

7.障がいに関わるサポートについて

手話通訳が必要な方は7月21日(金曜日)までお知らせください。

会場には、車いすのまま利用できる席もあります。

その他、参加において必要なサポートがあればお知らせください。

8.申込方法

7月31日(月曜日)までに、電話、FAX、E-mail、郵送にて以下の内容をお知らせください。

  • お名前(ふりがな)
  • 所属先・活動内容等
  • ご住所(ご自宅以外の方は団体名も記入してください)
  • TEL
  • FAX
  • E-mail
  • 障がいに関わるサポートの有無(参加において必要なサポートがあればお知らせください。)

(定員を超えない場合は、当日まで申し込みを受け付けますので、お問い合わせください。

9.申込・お問い合わせ先

愛媛県保健福祉部生きがい推進局障がい福祉課障がい支援係

〒790-8570 愛媛県松山市一番町四丁目4番地2

TEL:089-912-2424(係直通)

FAX:089-931-8187

E-mail:syougaihukus@pref.ehime.lg.jp

 

障がい者文化芸術祭 概要

開催日時:平成29年9月13日(水曜日)~14日(木曜日) 10時~17時(予定)

会場:エミフルMASAKI(伊予郡松前町筒井)

内容:

  • 障がい者文化芸術作品、授産製品等の展示・販売≪エミフルコート:2日間≫
  • 障がい者文化芸術活動の発表≪グリーンコート:14日午後≫
  • 48時間デザインマラソン≪エミフルホール:2日間(10時~16時(予定))≫

48時間デザインマラソンとは

障がい者と支援者、デザイナーが2日間共同でデザイン制作に取り組む「48時間デザインマラソン」 。

インクルーシブデザインという平等と相互利益に基づく共同デザインプロセスを用いて、デザイナーと社会的弱者といわれる障がい者や高齢者達との創造的なパートナーシップを開発するものです。

障害のある人たちの描く絵画やデザインを手がかりに、「社会とつなぐ」をキーワードとした商品開発のアイディアを競います。ワークショップはグループで構成されますので、対話、協働も重視します。

このワークショップの先にきっと、障がいのある人たちとの真の意味での豊かな協働や商品開発の可能性が広がっていくと考えています。グラフィックデザイナーのライラ・カセムさんが伴走します。

  • ライラ・カセム Laila Cassim グラフィックデザイナー/東京大学先端科学技術研究センター非常勤
    2007年エジンバラ芸術大学視覚伝達 デザイン科卒業、東京藝術大学大学院美術研究科博士課程を修了。
    社会から取り残されたグループのエンパワメントにインクルーシブデザインのプロセスと視覚伝達デザインのスキルをツールとして利用することに力を入れて、作品制作と研究に取り組んでいる。
    おもな仕事に、東京都足立区綾瀬ひまわり園にて利用者・スタッフと信頼関係を築き上げ、対等の立場でアート活動を元にものづくりを行ったプロジェクト「Entente」などがある。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2424

ファックス番号:089-931-8187

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ