文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 障がい者福祉 > 介護・自立支援 > 障がい福祉に関する各種研修情報 > 平成28年度愛媛県強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)開催のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2017年1月13日

平成28年度愛媛県強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)開催のお知らせ

自傷、異食、他害など生活環境への著しい不適応行動を頻回に示す「強度行動障がい」を有する方に対する適切な障がい特性の評価及び支援計画の作成ができる職員の人材育成を目的として、別添「平成28年度愛媛県強度行動障がい支援者養成研修(実践研修)開催要領」のとおり、標記研修を開催します。

つきましては、受講希望がある場合には、別紙受講申込書により、県障がい福祉課へ提出してください。提出締め切りは、2月3日(金曜日)必着です。


 

開催日

平成29年3月9日(木曜日)、10日(金曜日)の2日間

場所

愛媛県視聴覚福祉センター4階多目的ホール(松山市本町6丁目11番5号)

受講対象者

次の要件を満たし、すべての課程を受講できる方を対象とします。

所属する法人等の長(以下「所属長」という。)の推薦を受けた者のうち、次の要件を満たし、全ての課程を受講できる方を対象とします。

原則として、愛媛県内の障害者総合支援法に基づく指定障害福祉サービス事業所・指定障害者支援施設、児童福祉法に基づく指定障害児通所支援事業所・指定障害児入所施設において、知的障がい若しくは精神障がいのある児者を対象にした支援業務に現に従事している方又は今後従事する予定のある方であって、強度行動障害支援者養成研修基礎研修課程又は重度訪問介護従業者養成研修行動障害支援課程を修了している方

受講定員

100人程度(定員を超過した場合は選考により受講者を決定します。)

資料代

研修当日配布する資料代として、1,500円負担していただきますので、研修初日に受付にて現金でお支払いください。

その他

実践研修では、支援計画を作成する演習を行います。下記書類を受講申込書に添えて提出してください。(申込者1人につき1事例とすること。)

【提出書類】

(強度)行動障がいを有する利用者1名の事例を選定し、当該利用者について下記1から5の資料を全て提出してください。

1.サービス等利用計画書・障害者児支援利用計画

2.1の週間計画表

3.個別支援計画

4.支援手順書(兼記録用紙)

5.利用者の基本情報及びエピソード

研修の演習(グループワーク)で使用しますので必ず提出してください。

事例の利用者は「Aさん」としてください。また、その他個人情報に関する部分は、削除か黒く塗りつぶしてください。

上記5については、別紙参考「Aさんの基本情報及びエピソード」を参考に作成してください。(別紙参考「Aさんの基本情報及びエピソード」(PDF:58KB)

添付ファイルはこちら↓

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部障がい福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2423

ファックス番号:089-931-8187

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ