文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 結婚・子育て支援 > 保育所・幼稚園 > 幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について

ここから本文です。

更新日:2015年6月18日

幼稚園教諭免許状を有する者における保育士資格取得特例について

制度の概要について

平成27年度から施行予定の子ども・子育て支援新制度における新たな「認定こども園制度」への円滑な移行・促進のために、平成31年度末(予定)までの間、幼稚園教諭免許状を有し幼稚園等において一定の実務経験を有する者(以下「特例対象者」といいます。)を対象として保育士資格の取得に必要な単位数等の特例が設けられました。

特例対象者について

特例対象者は、幼稚園教諭免許を有し、以下の特例対象施設において「3年以上かつ4320時間以上」の実務経験を有する者です。(※実務経験は複数施設における合算でも可能です。)

特例対象施設について

特例対象施設は次のとおりとなっています。
1.幼稚園(特別支援学校幼稚園部を含む。私立幼稚園の一覧
2.認定こども園
3.保育所
4.公立の認可外保育施設
5.へき地保育所
6.幼稚園併設型認可外保育施設
7.認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設
 ※「認可外保育施設指導監督基準を満たす旨の証明書が交付された認可外保育施設」は、証明書交付施設に〇のついている施設となります。認可外保育施設で県の証明が必要な方は事前に子育て支援課までご相談ください。(ただし、認可外保育施設の所在地が松山市の場合は松山市にお問い合わせください)

その他

特例制度を実施する保育士養成施設、特例制度における保育士資格取得までの流れ、実務証明書様式等の特例制度の詳細な情報については厚生労働省のホームページに掲載されていますのでそちらをご覧ください。


ページのトップへ

ホーム

一つ前に戻る

お問い合わせ

保健福祉部子育て支援課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2410

ファックス番号:089-912-2409

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ