文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > 法令・計画等 > 医療計画及び医療機関情報 > 医療計画等について > 2014年7月1日時点病床機能報告制度の報告結果(医療機能ごとの病床の現状)

ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

2014年7月1日時点病床機能報告制度の報告結果(医療機能ごとの病床の現状)

地域医療構想について

今後高齢化が進展し、医療・介護サービスの需要が増大していく中で、患者それぞれの状態にふさわしい良質かつ適切な医療を効果的かつ効率的に提供する体制を構築することが求められています。

そのためには、医療機能の分化・連携を進め、各医療機能に応じて必要な医療資源を適切に投入し、入院医療全体の強化を図ると同時に、退院患者の生活を支える在宅医療及び介護サービス提供体制を充実させていくことが必要です。

こうしたことから、都道府県は、2025年における医療機能ごとの需要と必要量を含めその地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進するための地域医療構想を策定します。

病床機能報告制度について

地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要があります。

そのために必要なデータを収集するため、医療機関がその有する病床(一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府県に報告する仕組みが導入されました。

また、医療機能の報告に加えて、その病棟にどんな設備があるのか、どんな医療スタッフが配置されているのか、どんな医療行為が行われているのか、についても報告することとしています。

報告された情報の公表

報告された情報を公表し、地域医療構想とともに示すことにより、地域の医療機関や住民等が、地域の医療提供体制の現状と将来の姿について共通認識を持つことができます。また、医療機関の自主的な取組及び医療機関相互の協議によって、医療機能の分化・連携が進められるようになります。

医療機能について

医療機関が報告し、都道府県が2025年の必要量を定めることとなる医療機能は、次の4つの区分です。

区分

機能

高度急性期

急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、診療密度が特に高い医療を提供する機能

急性期

急性期の患者に対し、状態の早期安定化に向けて、医療を提供する機能

回復期

急性期を経過した患者への在宅復帰に向けた医療やリハビリテーションを提供する機能。
特に、急性期を経過した脳血管疾患や大腿骨頚部骨折等の患者に対し、ADLの向上や在宅復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に提供する機能(回復期リハビリテーション機能)。

慢性期

長期にわたり療養が必要な患者を入院させる機能
長期にわたり療養が必要な重度の障がい者(重度の意識障がい者を含む)、筋ジストロフィー患者又は難病患者等を入院させる機能

医療機能ごとの病床の状況

現状

2014年7月1日時点の機能として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

二次医療圏 全体 内訳
高度急性期 急性期 回復期 慢性期 無回答
宇摩圏域 四国中央市 1,244床 10床 586床 86床 526床 36床
新居浜・西条圏域 新居浜市、西条市 3,126床 10床 1,821床 146床 947床 202床
今治圏域 今治市、越智郡(上島町) 2,378床 17床 1,432床 255床 674床 0床
松山圏域 松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(松前町、砥部町) 9,060床 2,136床 2,859床 895床 3,034床 136床
八幡浜・大洲圏域 八幡浜市、大洲市、西予市、喜多郡(内子町)、西宇和郡(伊方町) 1,829床 0床 927床 203床 602床 97床
宇和島圏域 宇和島市、北宇和郡(松野町、鬼北町)、南宇和郡(愛南町) 2,110床 20床 1,219床 198床 591床 82床

圏域名をクリックすると、圏域内の医療機関ごとの病床の状況をご覧いただけます。

6年後の予定

2014年7月1日時点から6年経過した時点の機能の予定として、各医療機関が自主的に選択した機能の状況です。

二次医療圏 全体 内訳
高度急性期 急性期 回復期 慢性期 無回答
宇摩圏域 四国中央市 1,244床 10床 551床 121床 526床 36床
新居浜・西条圏域 新居浜市、西条市 3,126床 10床 1,883床 296床 902床 35床
今治圏域 今治市、越智郡(上島町) 2,378床 17床 1,432床 236床 693床 0床
松山圏域 松山市、伊予市、東温市、上浮穴郡(久万高原町)、伊予郡(松前町、砥部町) 9,060床 2,163床 2,596床 1,364床 2,801床 136床
八幡浜・大洲圏域 八幡浜市、大洲市、西予市、喜多郡(内子町)、西宇和郡(伊方町) 1,829床 0床 959床 226床 634床 10床
宇和島圏域 宇和島市、北宇和郡(松野町、鬼北町)、南宇和郡(愛南町) 2,110床 20床 1,115床 302床 591床 82床

注)圏域の設定が現在と変わらないとした場合

 

お問い合わせ

保健福祉部医療対策課 医療政策グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2449

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ