文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 地域福祉 > 生活保護 > 生活保護法に基づく指定医療機関、指定介護機関、指定助産機関、指定施術機関

ここから本文です。

更新日:2016年4月20日

生活保護法に基づく指定医療機関、指定介護機関、指定助産機関、指定施術機関

生活保護法指定医療機関(指定助産機関、指定施術機関を含む)

生活保護法による医療扶助は、福祉事務所長が指定医療機関に委託して給付する方法をとっています。

医療機関が受託するには、健康保険法による指定に加え、生活保護法による指定を受ける必要があります。

指定医療機関の種類
種類 対象
指定医療機関 病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション
指定助産機関 助産師
指定施術機関 柔道整復師、あん摩・マッサージ師、はり・きゅう師

指定医療機関等の指定は、知事(ただし、所在地が松山市の医療機関については、松山市長)が行います。生活保護法による指定を希望される場合には、申請をお願いします。

なお、平成26年7月1日より、医療機関(病院、診療所、薬局、訪問看護ステーション)については指定が更新制となりました。

生活保護法指定介護機関

生活保護法による介護扶助は、福祉事務所長が指定介護機関に委託して給付する方法をとっています。

介護機関が受託するには、介護保険法による指定に加え、生活保護法による指定介護機関の指定を受ける必要があります。

指定介護機関の指定は、知事(ただし、事業所所在地が松山市の介護機関については、松山市長)が行います。生活保護法による指定を希望される場合は、申請をお願いします。

なお、平成26年7月1日より、介護保険法による指定を受けた介護機関は、生活保護法についても指定を受けたものとみなされることとなりました。

指定後の変更・廃止・休止等

生活保護法による指定を受けた後、名称・所在地等届出事項に変更があったときや、事業を廃止・休止等する場合には届出が必要となります。

申請書・届出書

各種申請・届出書は、以下よりダウンロードできます。

申請・届出に当たっての留意事項

申請・届出に当たっては、必ずお読みください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課 生活保護係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2385

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ