文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 健康・医療・福祉 > 高齢者福祉 > 介護 > 離職した介護人材の再就職準備金の貸付制度のご案内(返還免除あり)

ここから本文です。

更新日:2016年8月30日

離職した介護人材の再就職準備金貸付制度のご案内(返還免除あり)

愛媛県社会福祉協議会では、離職した介護人材の再就職準備金の貸付事業をおこなっています。

この制度は、介護職としての一定の知識と経験を持つ方が介護職として再就職する場合、再就職に必要となる資金を貸付けるもので、再就職後、介護職員等として引き続き2年間従事すれば、返還が全額免除されます。

介護職への再就職をお考えの方で、当制度の利用を希望される場合は、愛媛県社会福祉協議会にお問い合わせください。

また、介護サービス事業所の皆様におかれましては、介護職員の求人の機会等に求職者に対して当制度をご案内いただくなど、介護人材の確保にお役立てください。

貸付金額

20万円以内(1人1回限り)

貸付対象者

以下の(1)~(5)すべてを満たす方

(1)愛媛県内に住民登録をしている方

(2)介護職員等としての実務経験を1年以上(在職期間通算365日以上かつ従事日数が180日以上)

(3)下記のいずれかに該当する方

  • 介護福祉士
  • 実務者研修・介護職員基礎研修・介護職員初任者研修
  • 訪問介護員(ホームヘルパー)1級または2級の課程を修了した方

(4)愛媛県福祉人材センターに離職の申出を行い、所定の書類を提出した方

(5)介護職員改善加算を算定している愛媛県内の事業所または施設に介護職員等として再就職が決まった方

貸付の対象となる費用

(1)子どもの預け先を探す際の活動費

(2)介護に係る軽微な情報収集や学び直しのための講習会参加経費又は参考図書等の購入費

(3)介護職員等として働く際に必要となる靴や訪問介護員等として利用者の居宅を訪問する際に必要となる道具または道具を入れるカバン等の被服費

(4)敷金、礼金又は転居費など転居を伴う場合に必要となる費用

(5)通勤用の自転車またはバイクの購入費 など

返還免除

介護職員改善加算を算定している愛媛県内の事業所または施設で介護職員等として2年間(在職期間通算730日以上かつ従事日数360日以上)従事した方は、貸付金の返還が免除されます。

問い合わせ先

愛媛県社会福祉協議会福祉資金課

電話089-921-8384

ホームページ 愛媛県社会福祉協議会(外部サイトへリンク)

制度紹介のチラシ

再就職準備金チラシ(おもて)(PDF:768KB)

再就職準備金チラシ(うら)(PDF:356KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課 企画係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2383

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ