文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 災害情報 > 災害により大きな被害を受けた場合には

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

災害により大きな被害を受けた場合には

台風や地震などの自然災害や、大規模な火災、爆発などの人為的災害により、被害規模が一定以上に達した場合、市町村の区域単位で災害救助法が適用され、各種の救助活動が行われます。この救助は、被災者の保護と社会秩序の保全のために、応急的かつ一時的に行われるもので、災害復旧対策とは異なるものです。

また、自然災害により世帯主や家族の方が死亡、負傷、又は疾病にかかったり、住居や家財に大きな被害を受けた場合には、その程度によって、弔慰金、見舞金、及び生活の立て直しを図るために必要な資金を貸し付ける制度があります。

詳細は各市町村民生関係部署へお問い合わせ下さい。

一つ前に戻る

お問い合わせ

保健福祉部保健福祉課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2380

ファックス番号:089-921-8004

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ