文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > ごみ・リサイクル > PCB廃棄物 > 高濃度PCB廃棄物(変圧器・コンデンサー等)の処分期間まで、残りわずか150日!!

ここから本文です。

更新日:2017年11月1日

高濃度PCB廃棄物(変圧器・コンデンサー等)の処分期間まで、残りわずか150日!!

これまでの背景

ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」という。難分解性で慢性毒性を有する化学物質)は、カネミ油症事件(昭和43年)を契機にその毒性が社会問題化し、昭和47年以降製造中止となりました。その後、民間主導で全国39カ所にて処理施設の設置が試みられましたが、いずれも住民同意が得られず、30年間以上、処理されない状態が続きました。.

平成13年、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(以下「PCB特措法」という。)を制定し、国が中心となって、立地地域の関係者の理解と協力の下、JESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)の全国5か所(北海道・東京・豊田・大阪・北九州)の事業所に処理施設を整備し、高濃度PCB廃棄物の処理を実施してきました。

JESCO北九州事業エリアの処分期間について

愛媛県を含むJESCO北九州事業エリア(中国・四国・九州・沖縄各県)における高濃度PCB廃棄物(変圧器、コンデンサー等)は、平成30年3月31日までにJESCOに処分委託を行わなければなりません

期限まで残りわずか150日となりました。

PCB廃棄物のJESCOへの処分委託契約手続きに必要な期間を考えると、11月には契約手続きに着手することが必要であります。

処分期限までに処分の委託が行われない場合、PCB特措法に基づく改善命令の対象となり、当該命令に従わない場合は、罰則や代執行の対象になります。

 

高濃度PCB廃棄物の処分期間

PCB廃棄物の区分 処分期限
変圧器・コンデンサー等 平成30年3月31日まで
安定器・汚染物等 平成33年3月31日まで

低濃度PCB廃棄物については、平成39年3月31日までの処分が必要です。

事業者の皆様へ

事業者の皆様は、事業所内に届出を行っていない高濃度のPCBを含む変圧器・コンデンサー等が保管又は使用されていないか、今一度、徹底した確認をお願いします。倉庫や物置等に古い変圧器やコンデンサーが残されている場合があります。

なお、当該機器が確認された場合は、県循環型社会推進課又は管轄する保健所(松山市内の場合は、松山市廃棄物対策課)に連絡した上で、早急にJESCOと処分委託の手続きを進めていただきますようお願いします。

 高濃度PCB含有の確認方法

変圧器・コンデンサー等に高濃度PCBが含まれているかどうかを確認するには、各電気機器の銘板記載内容で判別できます。

銘板にある型式を一般社団法人日本電機工業会のホームページ(外部サイトへリンク)で確認するか、銘板にあるメーカーへお問い合わせください。

なお、使用中の電気設備については、接触等により感電のおそれがあり、非常に危険ですので、確認に当たっては、必ず電気設備を管理している電気主任技術者等にご相談ください。

 

お問い合わせ

県民環境部循環型社会推進課 産業廃棄物係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2355

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ