文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境情報 > 大気・水・土壌・化学物質 > 大気関係情報 > 石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について

ここから本文です。

更新日:2017年6月7日

石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について

平成29年5月30日付けで環境省から、建築物等の内外装仕上げに用いられる建築用仕上塗材(吹付けリシン等)の除去等作業における石綿飛散防止対策について、通知がありました。

(通知の主な内容)

  • 吹付け工法により施工されたことが明らかな当該仕上塗材については、吹付け石綿に該当するものとして取り扱う。 
  • 吹付け工法による施工かどうか明らかなでない場合には、吹付け石綿とみなすことが望ましい。 
  • 吹付け以外の工法での施工(ローラー塗り等)が明らかな場合には、特定粉じん排出等作業の実施届出は不要であるが、適切な飛散防止措置が講じられることが望ましい。

(通知)

解体工事等の受注者及び自主施工者におかれては、特にご注意いただきたい事項について

本通知の趣旨を踏まえて、特にご理解、ご確認いただきたい事項について、パンフレット(PDF:191KB)をご確認ください。詳細については、次のとおりです。

石綿含有仕上塗材の除去等作業を実施する場合

吹付け工法による施工及び施工方法が不明な場合 

吹付け工法による施工及び施工方法が不明な場合については、吹付け石綿に該当するものとして取り扱い、当該塗材に係る建築物等の解体・改造・補修に際しては、大気汚染防止法に定められた特定粉じん排出等作業の実施届出(作業開始14日前までに最寄りの保健所まで)及び作業基準の遵守が必要です。

吹付け以外の工法(ローラー塗り等)により施工されたことが明らかな場合 

吹付け以外の工法により施工されたことが明らかな場合については、特定粉じん排出等作業の実施届出は不要です。ただし、アスベストが飛散等するおそれがある場合には、大気汚染防止法の作業基準の遵守規定に準じて作業を行う必要があります。

メニュー

お知らせ・新着情報 /h15600/images/menu_2_3_17.jpg /h15600/images/menu_3_3_17.jpg /h15600/images/menu_4_3_17.jpg

/h15600/images/sub_menu_1_3_17.gif /h15600/images/sub_menu_2_3_17.gif /h15600/images/sub_menu_3_3_17.gif /h15600/images/sub_menu_4_3_17.gif /h15600/images/sub_menu_5_3_17.gif /h15600/images/sub_menu_6_3_17.gif

 




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課 大気・環境評価係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2344

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ