文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 仕事・産業・観光 > 新エネルギー > バイオマス > バイオエタノール混合燃焼試験の開始について

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

バイオエタノール混合燃焼試験について

平成25年度バイオエタノール混合燃焼試験(重油との混合)の実施

みかん搾汁残さを原料としたバイオエタノール燃料について、愛媛大学植物工場研究センター植物工場の加温ボイラにおいて、重油との混合燃焼試験を実施しました。

日時

平成26年2月12日水曜日13時30分~14時30分

場所

愛媛大学植物工場研究センター(松山市樽味3丁目5番7号)植物工場A

内容

植物工場研究センター内の植物工場の加温ボイラへのバイオエタノール混合燃料の給油、燃焼試験の実施

 

 

tank

syuzai

 

koujo

 

 

※地域のバイオマス資源から製造したバイオ燃料を地域で利用していく持続可能なエネルギーの地産地消の取組みの一環として、今年度は重油との混合燃焼試験を行いました。

(参考)

  • 植物工場研究センターでは、主にトマト、きゅうり、パプリカを栽培
  • 使用燃料:90%バイオエタノールを重油に3%程度混合

平成24年度バイオエタノール混合燃焼試験(灯油との混合)の実施

みかん搾汁残さを原料としたバイオエタノール燃料について、県農林水産研究所の花き栽培温室の加温ボイラにおいて混合燃焼試験を実施しました。

日時

平成25年3月25日月曜日14時00分~15時00分

場所

農林水産研究所(松山市上難波甲311番地)

内容

花き栽培温室(主にデルフィニウムを栽培)の加温ボイラへのバイオエタノール混合燃料の給油、燃焼試験の実施

 

ボイラとエタノール用タンク

温室外観

 

温室外観

 

(参考)

  • 花き栽培温室では、新種のデルフィニウム(一般的な青色系の花とは違った鮮やかなピンク色が特徴)を栽培
  • 使用燃料:90%バイオエタノールを灯油に10%程度混合

お問い合わせ

県民環境部環境政策課 温暖化対策グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2349

ファックス番号:089-912-2344

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ