文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

水質浄化システム開発共同研究

水質浄化システム共同開発の目的

微生物を用いた水質浄化システムの開発を行うこの研究では、ポケット・エコパークが提案されたんだ。

自浄能力を超える生活雑排水などの汚染物質の流入により、街中を流れる多くの川がよごれた排水路となりつつあります。

そこで、愛媛県では、本県の河川を対象として微生物を用いた水質浄化システムの開発を愛媛大学と共同で研究するとともに、衛生環境研究所の技術能力の育成を図ることを目的として、水質浄化システム共同開発を行うことになりました。

水質浄化システム共同開発の事業概要

1. 研究機関

環境創造センター、衛生環境研究所

(職員1名大学派遣)及び愛媛大学理学部

2. 研究期間

平成12年度~平成13年度(2ヵ年)

水質浄化システム共同開発の事業、進捗状況

1. 平成12年度の研究進捗状況

平成13年度に河川において実証試験するシステム設計の基礎データを取得するため、大学構内において基礎的実験が実施されました。

なお、5月9日(水曜日)に県庁大会議室において、平成12年度成果が発表され、住民が直接参加し、身近な水路等の水質改善を行うシステム「ポケット・エコパーク」が提案されました。

ポケット・エコパークの内容はこちら

2. 平成13年度の研究進捗状況実施計画(河川におけるフィールド実証試験)

平成12年度の実験で得られたデータに基づき、新浄化システムの試作機を製作し、傍示川(松山市)において実証試験を実施しています。さらに松前町の周囲の公園において景観に融和した外観を持たせ、浄化機能と住民参加の可能性の双方から実証実験を行いました。

→13年度報告書(概要)は下をクリック

平成13年5月9日に行われた「平成12年度水質浄化事業成果発表会」の模様

「平成12年度水質浄化事業成果発表会」の模様 「平成12年度水質浄化事業成果発表会」の模様 「平成12年度水質浄化事業成果発表会」の模様

メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ