文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 環境 > 環境情報 > 愛媛県環境創造センター > 事業紹介 > バイオマス稲による循環型社会システムの構築

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

バイオマス稲による循環型社会システムの構築

食べない稲作による地域コミュニティの再生と活性化 ~バイオマス稲による循環型社会システムの構築に向けて~<要旨>

休耕田や耕作放棄地を有効活用し、「食べない稲」を作ることによって、農地の荒廃を防止し、水の循環や気温の調節、生物を育むなどの多面的な役割を担っている水田を維持するとともに、地域のコミュニティの再生を促し、循環型の農村社会の再生へとつなげます。

「食べない稲」はバイオマス資源として、米だけでなく、稲わら・もみ殻などすべてを有効に利活用します。温暖化対策や原油高騰の影響で、バイオ燃料が世界的に注目を集めていますが、米のデンプン質を発酵させてバイオエタノール(アルコール)を造ることは、基本的に日本酒造りと同じで技術的にも完成されています。また、最近の技術開発で、バイオエタノールは米だけでなく、セルロース質の稲わらやもみ殻からも造れます。さらに、メタン発酵やガス化など様々なバイオマス変換技術によって、燃料や化学原料、各種マテリアルの生成や熱・発電利用なども可能であり、雇用機会の増加や新たなビジネスモデルの創出も期待されます。

バイオマスはコスト面が課題とされるが、今後も予想される温暖化対策などの膨大なコストを考えると、持続可能な社会システムへの変革のためには必要な選択であり、市町レベルでの地域独自のモデルづくりが望まれます。

資料全文はこちら(PDF:376KB)

(JPG:755KB)

(画像をクリックすると拡大します)

メニュー

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部環境政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2345

ファックス番号:089-912-2354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ