愛媛県庁/罹災証明書発行に向けて―片づける前に記録に残しましょう―

文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 災害情報 > 平成30年7月豪雨災害に関する情報 > 罹災証明書発行に向けて―片づける前に記録に残しましょう―

ここから本文です。

更新日:2018年7月13日

罹災証明書発行に向けて―片づける前に記録に残しましょう―

罹災証明書は、被災した家屋の被害の程度を証明するものです。市町による被害認定調査でその確認した事実に基づき発行し、被災者生活再建支援金や義捐金の支給、住宅応急修理制度利用時等の際に必要です。

市町の調査が入る前に片付けや補修をする場合は、建物の被害状況写真などの記録をとるようにしてください。

罹災証明書発行及び建物被害調査に関する詳細は、お住まいの市町にお問い合わせください。また、被害状況記録のポイントについては、添付の「建物被害調査のトリセツ(PDF:1,243KB)」をご参照ください。

建物被害調査のトリセツはこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

県民環境部防災危機管理課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2335

ファックス番号:089-941-2160

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ