文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 防災・危機管理 > 防災対策 > 「えひめ防災の日」の制定について

ここから本文です。

更新日:2016年3月29日

「えひめ防災の日」の制定について

「愛媛県防災対策基本条例」で、県民、自主防災組織等及び事業者の防災に関する関心と理解を深めるとともに、防災活動の一層の充実を図るため、知事が制定することとされている「えひめ防災の日」について、次のとおり定めました。

(※H28.3.29、条例に「えひめ防災の日」及び「えひめ防災週間」を明記する改正を行いました。)

1 期日

12月21日

2 選定理由

  • 昭和南海地震が発生した日(昭和21年12月21日)
    地震規模 震度6
    被害概要:死者26人、負傷者32人、全壊家屋155棟
    ※今後30年間に50%の確率で発生し、本県に甚大な被害をもたらすと予想される南海地震に対する対策が重要課題
  • 近接日を含め、県民からの公募意見数最多

3 防災の日に取り組む内容

「えひめ防災の日」を含む12月17日から23日の1週間を「えひめ防災週間」とし、県民や自主防災組織による「自助」及び「共助」の取り組みを促進するため、市町や消防等と連携しながら、防災キャンペーンや防災意識啓発講演会の開催、自主防災組織による防災訓練の支援などに取り組む。

「自助」取り組み例

  • 避難所・避難路の確認
  • 防災グッズの点検
  • 家具転倒防止
  • 防災訓練参加

「共助」取り組み例

  • 避難訓練の実施・参加
  • 防災資機材の点検
  • 災害危険箇所の確認

「公助」(県・市町・消防)による取り組み例

  • 自主防災組織による取り組みへの支援(防災学習会講師派遣、防災訓練支援等)
  • 防災キャンペーンの開催
  • 防災意識啓発講演会の開催外

参考

愛媛県防災対策基本条例

(えひめ防災の日)

第49条 県民、自主防災組織等及び事業者の防災に関する関心と理解を深めるとともに、防災活動の一層の充実を図るため、えひめ防災の日(以下「防災の日」という。)及びえひめ防災週間(以下「防災週間」という。)を設ける。

2 防災の日は、12月21日とし、防災週間は、同月17日から23日までとする。

3 防災の日及び防災週間においては、県民、自主防災組織等及び事業者は、災害時においてそれぞれの役割を果たせるように防災訓練の実施及びこれへの参加その他の防災対策を一層充実させるよう努めるものとする。

4 防災の日及び防災週間においては、県及び市町は、その趣旨にふさわしい事業の実施に努めるとともに、県民、自主防災組織等及び事業者により当該事業が実施されるよう支援に努めるものとする。

お問い合わせ

県民環境部防災危機管理課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2335

ファックス番号:089-941-2160

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ