文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 消費生活・県民生活 > くらしの安全 > 飲食店等のメニュー等における適正な表示の徹底について

ここから本文です。

更新日:2013年11月12日

飲食店等のメニュー等における適正な表示の徹底について

~各ホテル、旅館、飲食店及び百貨店、小売店等事業者の皆様へ~

県内外のホテル事業者等が運営する飲食店等でメニュー等の不適正な表示の公表が後を絶たない中、企業倫理の確立やコンプライアンス経営が、事業者に強く求められています。

飲食店等におけるメニュー表示等で消費者に優良であると誤解を与えるような場合は、不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)第4条第1項第1号(以下、「景品表示法」という。)に規定する「優良誤認」に該当するおそれがあります。

つきましては、消費者に誤認を与える表示でないかどうか再度、御確認をされますとともに、法令遵守に努められますようよろしくお願いいたします。


お問い合わせ

県民環境部県民生活課 消費者行政グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2336

ファックス番号:089-912-2299

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ