文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 教育・文化・スポーツ > スポーツ > スポーツ振興 > マレーシア・バドミントンチームえひめキャンプ

ここから本文です。

更新日:2018年10月17日

マレーシア・バドミントンチームえひめキャンプ

県では、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの開催効果を最大限取り込み、スポーツの振興や地域活性化につなげるため、えひめ国体のハード・ソフトのレガシーを生かし、代表選手の事前合宿誘致に取り組んでいます。このような中、高い競技力を有するマレーシアのバドミントンチームの誘致に成功し、2020年までの3年間、愛媛県で合宿が実施されることとなりました。

基本合意書締結(平成30年7月)

2018年7月27日、マレーシアにおいて、マレーシアバドミントン協会と県・松山市・砥部町・県バドミントン協会が東京オリンピックの事前合宿に向けた基本合意書を締結しました。

signing_ceremony

実行委員会の設立(平成30年8月)

2018年8月8日、県・松山市・砥部町・県バドミントン協会のほか、愛媛大学や県スポーツ協会等を構成員とする「マレーシア・バドミントンチームえひめキャンプ実行委員会」が設立され、愛媛県での合宿成功のため連携して取り組む体制が構築されました。

実行委員会構成員名簿(PDF:120KB)

2018年度えひめキャンプ

8月20日~27日にマレーシア代表のバドミントンチームが来県し事前合宿を行いました。

【練習会場】愛媛県総合運動公園体育館、県武道館トレーニングジム等

【来県チーム】シニア選手6名、ジュニア選手12名、コーチ4名、理学療法士1名の23名

【サポート】

  • 愛媛県バドミントン協会や県内高校生によるトレーニングの補助
  • アスレティックトレーナーによる昼・夜2回のマッサージ
  • スポーツ栄養士による食事サポート など

【交流事業等】

  • 県選抜選手等との親善試合・バドミントン教室
  • 豪雨被災地の高校生との交流
  • 松山市内観光やしまなみ海道サイクリング体験

【今後の予定】

来年も、シニアとジュニアのナショナルチームがそれぞれ2週間程度合宿し、2020年には、オリンピック直前にトップクラスの代表選手が来県する予定。

 

2018年合宿実施報告書(PDF:3,156KB)

 

2018ehimecamp

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

スポーツ・文化部地域スポーツ課 スポーツ大会誘致グループ

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-947-5457

ファックス番号:089-947-5721

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ