文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 社会基盤 > 情報通信 > インターネット等 > インターネットによる被害について

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

インターネットによる被害について

インターネットの普及に伴い、これを悪用した犯罪が多発するようになりました。被害に遭わないよう対策知識を身に付けましょう。代表的な手口には、次のようなものがあります。

フィッシング詐欺

銀行やクレジット会社からのメールを装い、メールの受信者に偽のサイトにアクセスさせ、クレジットカード番号やパスワードを入力させるなどして、個人の金融情報を盗み取る手口です。

架空請求詐欺

利用していない有料サイトの利用料金などについて、はがきや電子メールで脅迫まがいの高額請求書を送りつけてきて、架空名義の銀行口座に金を振り込ませる手口です。

インターネットオークション詐欺

インターネットオークションで、高級ブランド品などを売ると偽り、落札者に代金を振り込ませ、商品を送らずに代金を騙し取る手口です。

詳細については、以下のサイトを参照して下さい。

お問い合わせ

企画振興部情報政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2285

ファックス番号:089-912-2284

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ