文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 統計 > 統計BOX > 分野別データ > 社会生活基本調査 > 平成28年社会生活基本調査結果

ここから本文です。

更新日:2017年7月14日

平成28年社会生活基本調査結果

平成28年10月20日現在で実施した平成28年社会生活基本調査の愛媛県結果が、総務省統計局から公表されました。

調査対象は、全国の世帯から無作為に選定した約8万8千世帯(県内では約1,600世帯)の、その世帯にふだん住んでいる10歳以上の世帯員です。

なお、生活時間の配分に関する結果は、平成29年9月及び12月に公表される予定です。

結果の概要

生活行動について

(1)【学習・自己啓発・訓練】

「学習・自己啓発・訓練」(仕事や学業は除く)の行動者率は32.6%で、5年前より1.2ポイント上昇。

 

表1_「学習・自己啓発・訓練」の行動者率(平成23年、平成28年)

学習・自己啓発・訓練

平成23年

平成28年

総数

総数

行動者率(%)

31.4

32.6

行動者率(全国)(%)

35.2

36.9

本県の全国順位

28位

29位

 

5年前と比べると、「英語」「家政・家事」「芸術・文化」の行動者率が上昇している。

図1_平成23年、28年「学習・自己啓発・訓練」の種類別行動者率

(2)【ボランティア活動】

「ボランティア活動」の行動者率は27.5%で、5年前より0.1ポイント上昇。

表2_「ボランティア活動の行動者率(平成23年、平成28年)

ボランティア

平成23年

平成28年

総数

総数

行動者率(%)

27.4

27.5

行動者率(全国)(%)

26.3

26.0

本県の全国順位

26位

26位

 

行動者率は「まちづくりのための活動」が最も高く、5年前と比べると「スポーツ・文化・芸術・学術に関係した行動」が1.3ポイント上昇、「高齢者を対象とした活動」が1.2ポイント上昇、「災害に関係した活動」が1.6ポイント低下。

図2_平成23年、28年「ボランティア活動」の種類別行動者率

(3)【スポーツ】

「スポーツ」の行動者率は66.8%で、5年前より6.6ポイント上昇。

表3_「スポーツ」の行動者者率(平成23年、平成28年)

スポーツ

平成23年

平成28年

総数

総数

行動者率(%)

60.2

66.8

行動者率(全国)(%)

63.0

68.8

本県の全国順位

30位

24位

 

行動者率は「ウォーキング・軽い体操」が最も高く、5年前と比べると「ウォーキング・軽い体操」が7.0ポイント上昇、「つり」が23ポイント低下。

図3_平成23年、平成28年「スポーツ」の種類別行動者率

(4)【趣味・娯楽】

「趣味・娯楽」の行動者率は83.6%で、5年前より2.9ポイント上昇。

 

表4_「趣味・娯楽」の行動者率(平成23年、平成28年)

趣味・娯楽

平成23年

平成28年

総数

総数

行動者率(%)

80.7

83.6

行動者率(全国)(%)

84.8

87.0

本県の全国順位

34位

34位

 

 

行動者率は「DVD・ビデオなどによる映画鑑賞」が最も高く、5年前と比べると、10.5ポイント上昇している。

図4_平成23年、平成28年「趣味・娯楽」の種類別行動者率

(5)【旅行・行楽】

「旅行・行楽」の行動者率は67.8%で、5年前より2.6ポイント上昇。

 

表5_「旅行・行楽」の行動者率(平成23年、平成28年)

旅行・行楽

平成23年

平成28年

総数

総数

行動者率(%)

65.2

67.8

行動者率(全国)(%)

73.2

73.5

本県の全国順位

41位

35位

 

図5_平成23年、28年「旅行・行楽」の種類別行動者率

詳しくは総務省統計局のホームページ(外部サイトへリンク)でご覧になれます。
(全国結果や他の都道府県結果もこちらでご覧になれます。)

お問い合わせ

企画振興部統計課 人口統計係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2266

ファックス番号:089-943-2322

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ