文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2017年10月29日

愛顔のえひめ(平成29年11月号)

タイトル

メニュー

 

国体

市町からこんにちは

みきゃんクラブ

キニナル1

キニナル2

献立レシピ
県政QA 便利手帳 PDF/バックナンバー
マチイロ

他人事ではない!大規模な自然災害
自分の身や家族を守るには日頃の訓練の積み重ねから

近年、全国的に多発している地震や台風、集中豪雨に、発生が危ぶまれる南海トラフ地震…。
被害を最小限に食い止めるには、日頃の訓練を積み重ねていくことが大切です。
県や市町、自主防災組織等が実施する防災訓練やイベントに、皆さんも積極的に参加しましょう!

 

 

防災を体感しよう!愛媛県総合防災訓練

地震災害と大雨による土砂災害との複合災害を想定した防災訓練を実施します。防災訓練

陸上自衛隊や海上保安本部、愛媛県消防防災航空隊のヘリに加え、ドクターヘリも参加予定。

  • 日時:11月5日(日曜)午前中
  • 会場:メイン会場:河野別府公園(松山市河野別府921-1)ほか、松山市内を中心とした複数のサブ会場
  • 申し込み:不要。当日、会場にお越しください
  • 救出・救護訓練、避難所開設・運営訓練、救援物資供給訓練、孤立地区対策訓練など、各会場に応じた訓練を実施します。メイン会場には、地震体験車による地震の模擬体験や災害用通信サービス、防災資機材・車両の展示など、各種体験・展示コーナーもあります。

 

防災に参加しよう!シェイクアウトえひめ参加登録受付中!

地震を想定し、参加者がいっせいに身を守るための安全行動をとる、誰でも参加できる県民総ぐるみ地震防災訓練。参加者は訓練日に、自宅・学校・職場などで3つの安全確保行動を1分間とります。

  • 日時:12月18日(月曜)11時00分~1分間(ご都合に合わせて12月17~23の期間で変更可能)
  • 料金:参加無料
  • 申し込み:12月17日(日曜)17時00分までに県のHPやチラシにより参加登録を行ってください。
  • 避難訓練や備蓄物資の確認など「プラスワン」訓練もしてみましょう!

シェイクアウト

 

防災を学習しよう!えひめ自助・共助推進大会

12月21日(木曜)は「えひめ防災の日」、その日を含む12月17日(日曜)~23日(土曜・祝日)までの1週間は「えひめ防災週間」です。この週間中に防災で大切な、自分の安全は自分で守る「自助」と、地域で助け合う「共助」について理解を深める大会を開催します。

  • 日時:12月20日(水曜)13時00分~16時30分
  • 会場:ひめぎんホールサブホール
  • 料金:入場無料
  • 申し込み:県防災危機管理課まで要事前申し込み。定員は先着800名
  • 報道記者・気象予報士の伊藤佳子さんによる記念講演、先進的な地域防災活動の発表、自然災害と自助・共助をテーマにしたパネルディスカッションなどを実施します。体験・展示ブースもあります。

災害に備えよう!

愛媛県防災メール・愛媛県防災SNSをご活用ください

地震・津波・気象注警報、土砂災害警戒情報や市町からの避難勧告等の避難情報、避難所開設などの防災情報、ミサイルなどの国民保護情報や緊急のお知らせを配信。防災情報の入手に役立ててください。

避難支援アプリも現在開発中!スマートフォンで防災情報や避難ルートを多言語で視覚的に表示します。※平成29年度内に提供開始予定

防災SNSも要チェック!

自分でできる防災対策

家庭での備蓄

最低でも7日間程度の生活を確保できる飲料水、食料などを備蓄。このうち、3日分程度は非常持出品として、一人ひとりが必要なものとともに準備しましょう。

避難場所・経路、危険箇所の確認

自宅等に配布されている市町の「防災マップ」を活用し、実際に確認しておくこと。避難経路上に高いビルや壊れそうな空き家、倒れそうなブロック塀や自動販売機等がないかをチェックし、あった場合はマップ上に追記。他の安全な経路も探しておきましょう。

早めの避難行動を

風水害などの災害が予想される場合には、市町から発令される次のような避難情報を確認しましょう。

避難行動

守るけん あなたの命 耐震化[要チェック!]木造住宅の耐震診断が3,000円から実施可能になりました

近い将来、発生が危ぶまれる「南海トラフ地震」に備え、昭和56年5月以前に着工された木造住宅の耐震化を支援します。

新制度(派遣制度)導入により、耐震診断の実施が簡単に。そして、費用は3,000円から実施可能です。(一部市町は無料)

詳しくはお住まいの市役所・役場までお問い合わせください。

  • 標準的な一家屋あたりの補助金
    合計116万円以上

問い合わせ

  • 防災危機管理課
  • 089-912-2335

 


 

タイトル横すごいもの博タイトル横(ソウル便)

 

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 広報係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2240

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ