文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2016年7月31日

愛顔のえひめ(平成28年8月号)

タイトル

メニュー

 

国体

学生レポート

南予博

キニナル

県政

広報紙アプリ
プレゼントクイズ 便利手帳 PDF/バックナンバー

若者もシニアも来たれ!「愛媛産には、愛がある。」~良質で多彩な農林水産物を生産している愛媛県~
えひめの農林水産業は魅力がいっぱい!!

昨今の少子高齢化や人口減少の進行と相まって、愛媛県でも農林水産業に携わる人が大きく減ってきています。そんな中、「やりがい」と「希望」をもって取り組んでいる若者、女性、中高年の生産者たちも少しずつですが、増えています。あなたも『えひめ愛顔の農林水産人』を目指しませんか?

 

 

職員写真農林水産

 

「えひめ愛顔の農林水産人」を紹介します!

七折小梅

就農したきっかけ

大学時代にゼミの先生の紹介で砥部町にある「ななおれ梅組合」に出入りするようになるなか、“プロの梅農家のカッコよさ”に憧れました。がんばるのなら、大好きな梅に関わりたいと就農を決意。今治市から砥部町へ移り住み、七折小梅の生産に取り組んでいます。

これからの夢や目指すもの

農業活動写真七折小梅がもつ100年の歴史と産地を守るために、新しい加工品を開発して所得向上につなげながら、自分がモデルケースとなり、若い方が後に続いてほしいと思っています。また「一次産業女子ネットワーク・さくらひめ」に参加。若い女性農業者とどんどんつながり、がんばっている姿をお互いの励みにしたいです。

 農業ライフスタイル

注目ワード

さくらひめ一次産業女子ネットワーク・さくらひめ

県が発足させた、県内の農林水産業に取り組む若手女性らでつくるネットワーク。Facebook等での情報発信、県内企業と連携した商品開発、経営・生産力向上などの支援を通じ、次世代リーダーの育成、農林水産業のイメージアップも図っています。

農業に挑戦したい方のための相談窓口


林業生産者

今がんばっていること

現在、所有山林とみかん畑を合わせて30haを経営しています。最近では、建物等が近くにあり、機械が使えない場所に生えている大木を木登りして安全に伐採する「樹上作業」の技術を磨くほか、地元の山にふれあってもらうため、子どもたちへの林業教室を積極的に開いています。

これからの夢や目指すもの

林業活動写真林業が厳しいといわれるのは、経営力と技術力を兼ね備えている必要があるから。私は「自ら決めた1日の売り上げをクリアする」という目標を持って仕事をしています。林業は息の長い仕事なので、子どもや孫の世代になったとき、結果が残るようにしたいと考えています。

一日のライフスタイル

労働時間は特に決めていません。「目標を達成できたら終わり」という考え方で仕事をしています。

注目ワード

ロゴ媛(ひめ)すぎ・媛(ひめ)ひのき

「媛すぎ」「媛ひのき」は、品質・性能の確かな愛媛県産材につけられたブランド名。全国でも有数の生産量を誇る県産のすぎやひのきの販路拡大を図るため、JAS規格に基づく品質基準を満たす製材品となっています。

林業に挑戦したい方のための相談窓口

  • 問い合わせ:愛媛県林業労働力確保支援センター
  • 電話:089-934-6153
  • メール:ahs31110@pop26.odn.ne.jp
  • URL:http://pc.heiwa.co.jp/forester/

 


 

水産業生産者

日々の仕事

山木産業では、養殖筏を70基所有し、ブリやカンパチをそれぞれ年間20万尾程度出荷しています。21名の社員と一緒に、愛媛の南の端の暖かくきれいな愛南の海で1年365日、品質管理にこだわり、愛情を込めて育てた「愛育(あいいく)フィッシュ」を販売しています。

これからの夢や目指すもの

水産業活動写真県の新しいブランド魚「伊予の媛貴海(スマ)」の養殖技術の開発をお手伝いしています。媛貴海の育成は大変ですが、丹精込めて育てており、やりがいもあります。ぜひ地元で定着してほしいですね。みんなに「おいしい!」と食べてもらう喜びが、大きな楽しみです。

水産業一日のライフスタイル

注目ワード

ポスター伊予の媛貴海(ひめたかみ)

新しく仲間入りした愛育フィッシュで、スマと呼ばれるマグロやカツオの仲間です。愛情を込めて育てられたその身は、トロけるような味わい。愛媛大学と県が連携して技術開発を進め、プレミアムな愛育フィッシュとして、今最も注目されている養殖魚です。

水産業に挑戦したい方のための相談窓口

  • 問い合わせ:えひめ漁業担い手確保促進協議会
  • 電話:089-933-5127
  • メール:ehime-gyoshinki@ehime-kikin.or.jp

問い合わせ

  • 農政課
  • 電話:089-912-2510

タイトル横(節電)タイトル横(ゆるキャラ)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 広報係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2240

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ