文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 中村知事のときめきだより

ここから本文です。

更新日:2018年8月24日

中村知事のときめきだより

県政に関する思いや所感、愛媛県のさまざまな魅力などをご紹介します。
(愛媛県メールマガジン「Ehimail(エヒメール)」から転載しています。)

中村知事写真エヒメールロゴ 

 明治時代に愛媛出身の俳人・正岡子規が松山でベースボールを広めたことをきっかけに、本県では、野球が年齢・性別を問わず多くの県民に親しまれるようになりました。
現在は、松山市の夏祭りにおいて、「野球拳おどり」や「野球サンバ」が行われるなど、野球はスポーツの域をこえた文化として広く根付いています。
 その背景には、先人の輝かしい実績があり、戦前は日本野球界を代表するような選手も誕生し、10人以上が殿堂入りをしています。
また、日本統治下の台湾で、嘉義農林学校を甲子園で準優勝に導いた近藤兵太郎監督の存在もあります。
 さらに、高校野球においては、本県代表校が何度も全国大会で優勝を果たしており、今年の夏の甲子園では、済美高校が県勢として14年ぶりのベスト4に進出する活躍を見せ、
県内、とりわけ、先般、豪雨災害に見舞われた被災地にたくさんの元気と勇気を届けてくれました。
 しかしながら一方で、少子化やスポーツの多様化にともない、若い世代を中心に野球人口が減少傾向にあることから、野球の歴史を積み上げてきた愛媛ならではの、
野球の価値を再認識できる機会を設けられないかと考えたのが、今年度から3年間にわたって展開する、全国初の野球をテーマとしたイベント「愛・野球博」です。
「愛・野球博」では、スポーツ・文化の両面で野球にまつわる多彩な催しが行われることとなっており、先月のオープニングフォーラムを皮切りに、あさって16日には、
2022年のアジア大会で正式競技に採用されることが決まるなど、近年注目を集めるe-sportsを取り入れた「第2回えひめe-baseball大会」が開催されます。
 野球を通じ、「する・見る・応援する・支援する」という、スポーツ全般の魅力を伝えていくことにもつながればと思っていますので、今後の展開にどうぞご期待ください。

 バックナンバーはこちらから

愛媛県の農林水産物情報へのリンク(外部サイトへリンク)

愛媛県メールマガジン「Ehimail」へのリンク

「Ehimail」は、毎月2回(第2・4金曜日)無料で配信。
登録方法は、あなたのメールアドレスを入力するだけです!
ぜひ、ご登録ください!!(バックナンバーもご覧いただけます。)

県ホームページトップへ

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2240

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
評価

このページの情報は見つけやすかったですか?
評価

ページの先頭へ