文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 地域づくり > 愛媛県「三浦保」愛基金を活用した事業

ここから本文です。

更新日:2017年2月16日

愛媛県「三浦保」愛基金を活用した事業

愛媛県では、平成19年11月5日、株式会社ミウラ(松山市(代表取締役会長三浦昭子氏:当時))様から、小型ボイラー製造大手の三浦工業株式会社(同)の株式100万株の寄附を頂きました。

この寄附は、三浦工業株式会社の創業者である故・三浦保氏の「事業の成功は自分だけの力ではない。お世話になった社会への恩返しをしたい。」との思いからなされたものです。

県では、株式を原資として「愛媛県『三浦保』愛基金」を創設し、株式配当金を財源に、故人が生前熱意を持たれていた「環境保全・自然保護」や「社会福祉」等の分野において、団体への助成(「公募事業」)や県事業(「県直営事業」)に取り組むことといたしました。

寄附者の御芳志に心より感謝いたしますとともに、県勢の発展のため、有意義に活用させて頂きたいと考えております。

目次

公募事業へ移動県直営事業へ移動成果発表会へ移動関係例規へ移動

新着・更新情報

「三浦保」愛基金10周年記念事業

愛媛県「三浦保」愛基金シンボルマーク発表及び「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」競技用具贈呈式

[日時]平成28年8月9日(火曜日)14時~14時20分

[場所]愛媛県庁 本館3階 知事会議室

  • シンボルマーク発表

シンボルマークの作成者である工藤和久氏をお招きし、中村知事が「三浦保」愛基金のシンボルマークを発表しました。

「三浦保」愛基金は、これまでの間、「環境保全・自然保護」や「社会福祉」などの分野において、団体への助成や県事業に取り組んでまいりました。今回、基金創設10周年を機に、広く県民の方々に基金の活動を知ってもらうため、「三浦保」愛基金のシンボルマークを作成しました。 今後、基金を活用した事業には、このマークを表示し、「三浦保」愛基金をもっと身近に感じていただくとともに、その取組を皆様にお伝えしてまいります。

シンボルマーク3

 

  • 障がい者スポーツ競技チームへの競技用具等の贈呈

第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」の準備を加速させるとともに、愛媛県の障がい者スポーツのさらなる振興を図るため、「三浦保」愛基金を活用して、障がい者スポーツの競技用具や競技会場のバリアフリー機器を整備し、競技用具等(約300点)を、中村知事から障がい者スポーツ競技チームに贈呈しました。

代表で受領した3名(奥平拓帆コーチ、藤田貫太選手、亀岡翔選手)からは、「贈呈品に感謝の気持ちを持って、えひめ大会に向けて精進します」とお礼の言葉が述べられました。

「三浦保」愛基金は、今後も競技用具の整備等を行い、第17回全国障害者スポーツ大会の開催を支援することとしております。

障スポ1

 

  • 株式会社ミウラへの感謝状贈呈

愛媛県「三浦保」愛基金創設のきっかけとなった寄付者である「株式会社ミウラ」に対し、愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会実行委員会会長である中村知事から感謝状が贈呈されました。

 

三浦保1

 

集合写真1

 愛媛県「三浦保」愛基金シンボルマーク・ロゴタイプの決定について

基金が創設10周年を迎えるのを機に、広く県民の方々に知っていただくため、シンボルマーク・ロゴタイプを作成することとし、そのデザインを平成28年3月18日(金曜日)~5月2日(月曜日)まで募集していたところ、320点の御応募をいただきました。選考の結果、以下の作品に決定いたしました。今後、当マークは基金を活用した事業に表示していく予定です。

 

 作品【作成者】 

工藤 和久 様 (青森県弘前市在住)

 【マークに込められた思い】

「三浦保」愛基金の「み」の文字を基調に愛で繋がり合う人と人の姿で愛媛県「三浦保」愛基金を象徴的に表現しました。暖色系の色は「環境」「福祉」に対するあたたかい愛をイメージしました。シンプルで親しみやすく、多くの人々に長く愛されるデザインとしました。

 

発表会について

8月9日 贈呈式と合わせて、作成者工藤和久様をお招きし、発表を行いました。

シンボルマーク4

 

集は終了しています

「公募事業」の取組み

平成29年度の助成団体を募集します! 

平成29年度の助成団体を、平成29年2月16日(木曜日)から平成29年3月31日(金曜日)の間募集します。

助成を希望する団体は、各分野の担当課までお申込みください。

本事業は、平成29年度当初予算の成立が前提となるものであり、当初予算成立後、速やかに事業を開始できるようにするため、成立前に公募するものです。

年度末は事務手続きに時間がかかる可能性がございますので、応募書類の提出はお早めにお願いします。

また、助成事業の実施にあたっては、作成される印刷物等に、愛媛県「三浦保」愛基金のシンボルマーク及びロゴタイプの表示をお願いしております。

応募方法及びシンボルマーク等の使用に関しましては、以下の要領等をご覧ください。

【環境保全・自然保護分野】

≪問い合わせ先≫

愛媛県 県民環境部 環境局 環境政策課

TEL (089)912-2346(係直通)

【社会福祉分野】

≪問い合わせ先≫

愛媛県 保健福祉部 社会福祉医療局 保健福祉課

TEL (089)912-2383(係直通)

【シンボルマーク及びロゴタイプ】 

シンボルマーク及びロゴタイプ

平成28年度公募事業の助成団体

平成28年2月18日(木曜日)~3月31日(木曜日)の募集期間中に、環境保全・自然保護分野で25団体、社会福祉分野で34団体、合計59団体から御応募をいただきました。

これらの事業につきましては、各所管部での事前審査及び「愛媛県『三浦保』愛基金運営委員会」での審議を経て、以下のとおり助成団体を決定し、環境保全・自然保護分野で21団体、社会福祉分野で21団体(特別枠5団体、一般枠16団体)の合計42団体を助成団体と決定いたしました。

平成27年度公募事業の助成団体

平成27年2月17日(火曜日)~3月31日(火曜日)の募集期間中に、環境保全・自然保護分野で25団体、社会福祉分野で24団体(特別枠3団体、一般枠21団体)、合計49団体から御応募をいただきました。

また、平成27年5月15日(金曜日)~6月19日(金曜日)まで実施しておりました社会福祉分野における二次募集につきましては、10団体(全て一般枠)から御応募をいただきました。

これらの事業につきましては、各所管部での事前審査及び『愛媛県「三浦保」愛基金運営委員会』での審議を経て、以下のとおり助成団体を決定し、環境保全・自然保護分野で21団体、社会福祉分野で27団体、合計48団体を助成団体と決定いたしました(うち、二次募集5団体)。

 

公募事業実施団体による事業評価

各助成団体は、事業実施後に自己評価を行い、今後のより良い事業の推進に活かしています。

ページトップへ>>

「県直営事業」の取組み

 平成29年度県直営事業・県特別枠事業(当初予算)

関係部局での協議や「愛媛県『三浦保』愛基金運営委員会」の審議等を経て、県直営事業及び県特別枠事業(いずれも平成29年度当初予算に計上)を以下のとおり決定し、第351回(平成29年2月)愛媛県議会定例会において審議が行われます。

県特別枠事業とは、基金が平成29年度に創設10周年を迎えることから実施する、例年の県直営事業より規模の大きな事業です。

過去に実施又は実施中の県直営事業

今後も愛媛県「三浦保」愛基金創設の趣旨に沿って、適切に事業を実施していきます。

ページトップへ>>

成果発表会の開催

平成27年度事業の成果発表会を開催しました!

関係団体の皆様方のご参加のもと、公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。

【日時】平成28年7月14日(木曜日)10時30分から12時

【場所】県庁第一別館11階会議室

【発表事業】

  • 公募事業

(1)沖の島ハマユウ移植活動

(宇和島市立城南中学校生徒会)

(2)里地の生物多様性保全のための「生物多様性保全四国会議inえひめ」およびサイエンスカフェの実施

(NPO森からつづく道)

(3)愛媛県災害リハビリテーション連携マニュアルの作成及び災害リハビリテーションに関する研修会の開催

(公益社団法人愛媛県作業療法士会)

(4)うつ病による離職者の「もう一度社会参加」促進事業

(認定NPO法人こころ塾)

  • 県直営事業

石鎚山系魅力創生事業(自然保護課)

三浦保愛基金成果発表会三浦保愛基金成果発表会三浦保愛基金成果発表会三浦保愛基金成果発表会

 平成26年度事業の成果発表会を開催しました!

関係団体の皆様方のご参加のもと、公募4事業及び県直営事業1事業について成果や課題の報告を行いました。

【日時】平成27年7月15日(水曜日)、10時30分から12時

【場所】県庁第一別館11階会議室

【発表事業】

  • 公募事業
    • 環境・エネルギーに関する新たな出前授業教材の開発 (独立行政法人国立高等専門学校機構 新居浜工業高等専門学校科学研究会)
    • 自然環境保全および生態系保全事業 (伊賀上ロマンの里づくり会)
    • 子どもの夢プロジェクト2014 (特定非営利活動法人ラ・ファミリエ)
    • 第3回タンデム自転車講習会 in 勝岡 (タンデム自転車NONちゃん倶楽部)
  • 県直営事業
    • 重症心身障害児(者)療育支援体制整備促進事業

 

愛媛県「三浦保」愛基金5年間の歩みについて(平成25年度作成)

基金創設5周年を記念して、記念集愛媛県「三浦保」愛基金5年間の歩みを作成し、県内各市町、県内大学・高等学校、県立・市町立図書館などへ配付しました。

記念集表紙愛媛県「三浦保」愛基金5年間の歩み(PDF:6,413KB)

平成24年度事業の成果発表会(平成25年度開催)

関係団体の皆様方御参加のもと、公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。

また、基金創設5周年を記念して作成した記念集愛媛県「三浦保」愛基金5年間の歩みを知事から寄附者の方へ贈呈しました。

【発表事業】

  • 公募事業
    • マイクロ水力発電の実演展示による普及啓蒙活動(にいはま環境市民会議)
    • 図鑑「松前町の水生生物」愛媛県立伊予高等学校科学部
    • 災害時における聴覚障害者を取り巻く環境改善についての研修会(愛媛県手話サークル連絡協議会)
    • 災害時透析医療(愛媛県腎臓病患者連絡協議会)
  • 県直営事業
    • エコハイスクール推進事業(県立長浜高等学校)

平成23年度事業の成果発表会(平成24年度開催)

関係団体の皆様方の御参加のもと、公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。
【発表事業】

  • 公募事業
    • 和気浜公園整備公共工事に伴う希少野生動植物保全啓発活動(愛媛県立伊予農業高等学校伊予農希少植物群保全プロジェクトチーム)
    • 子どもと親のそばづくり体験ファーム(プロジェクト地球っ子ひろば)
    • 遊友学舎の園芸療法士による親子園芸教室(特定非営利活動法人JMACS)
    • 相談支援事業ピア相談員事業(社会福祉法人きらりの森)
  • 県直営事業
    • 自然公園エコロジカルふれあい事業


平成22年度事業の成果発表会(平成23年度開催)

平成23年度に開催した成果発表会(平成22年度実施事業)は、関係団体の皆様方の御参加のもと、次の公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。

【発表事業】

  • 公募事業
    • 西条水生昆虫図鑑作成事業(西条自然学校)
    • 「グリーン電力de運動会!!」事業(NPO法人愛媛県環境保全協会)
    • 地域福祉・愛媛版私たちが地域で暮らしていくために本当に必要なものは何かを見つける事業(縁側プロジェクト)
    • 食から始まる健康寿命(ボランティアグループCAMS玉川)
  • 県直営事業
    • パーキング・パーミット制度推進事業

平成21年度事業の成果発表会(平成22年度開催)

平成22年度に開催した成果発表会(平成21年度実施事業)は、関係団体の皆様方の御参加のもと、次の公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。

【発表事業】

  • 公募事業
    • 「国蝶・オオムラサキの里」再生事業(NPO法人愛媛昆虫類調査研究機構)
    • 巣箱作りとブッポウソウの巣箱架け(やませみ22)
    • 乳幼児親子のための子育て講座(NPO法人子育てネットワークえひめ)
    • 静的弛緩誘導法親子学習会・研修会と移動研修会の開催(松山肢体不自由児・者父母の会)
  • 県直営事業
    • 高校生地球温暖化防止推進事業

平成20年度事業の成果発表会(平成21年度開催)

平成21年度に開催した成果発表会(平成20年度実施事業)は、関係団体の皆様方の御参加のもと、次の公募4事業及び県直営1事業について、成果や課題の報告を行いました。

【発表事業】

  • 公募事業
    • 千丈川水辺のにぎわい体験隊(NPO法人かわうそ復活プロジェクト)
    • 上林ひまわりプロジェクト~一人一本から運動~(上林を考える会)
    • 認知症サポート支援事業(社会福祉法人久万高原町社会福祉協議会)
    • ダウン症児(者)のダンスレッスン&ダンスライブ(財団法人日本ダウン症協会愛媛支部)
  • 県直営事業
    • えひめ結婚支援センター運営事業

 

東日本大震災被災地への義援金について

平成23年3月11日に発生した東日本大震災によって被災された方々に対しまして、愛媛県「三浦保」愛基金から日本赤十字社愛媛県支部を通じまして、義援金(300万円)お贈りしました。

被災された方々の一刻も早い生活再建を心よりお祈り申し上げます。

 

ページトップへ>>

関連例規

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画振興部総合政策課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2230

ファックス番号:089-921-2002

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ