文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 人事・職員 > 法令・計画等 > 退職手当改正条例の施行前における早期退職者について

ここから本文です。

更新日:2013年3月27日

退職手当改正条例の施行前における早期退職者について

3月26日(火曜日)から、県職員の退職手当引下げに係る改正条例が施行されたことを受けて、平成24年度定年退職予定者のうち、「条例施行前日」(3月25日)までの早期退職者数を以下のとおり取りまとめたので、お知らせします。

 

【H24定年退職予定者のうち条例施行前日までの退職者】

県全体定年442人⇒早期退職12人(教委11人、警察1人)

 

1.知事部局及び公営企業管理局(定年131人⇒早期退職なし)

定年退職予定者は、全員が3月31日(日曜日)付けで退職予定。

 

2.教育委員会事務局(定年223人⇒早期退職11人)

教職員11名が、3月25日(月曜日)付けで退職。

(内訳)

教員:8名(小学校:5、中学校:1、県立学校:2)

学校事務:3名

 

3.警察本部(定年88人⇒早期退職1人)

警察官1名が、健康上の理由により、2月28日(木曜日)付けで退職。

 

 

退職手当改正条例の施行前における早期退職者について(PDF:38KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部職員厚生室 共済・年金係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2179

ファックス番号:089-934-7009

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ