文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 税金 > 申告・納税 > 自動車税のグリーン化税制について

ここから本文です。

更新日:2017年4月3日

自動車税のグリーン化税制について

 平成14年度から、環境にやさしい自動車の開発・普及を促進するため、排出ガス・燃費性能の優れた環境負荷の小さい自動車は税負担が軽くなる一方、新車新規登録から一定年数を経過した環境負荷の大きい自動車は税負担が重くなっています。

平成29年度の税率が下がる自動車(平成28年4月1日~平成29年3月31日に新車新規登録された下記自動車)

※平成30年度からは、通常の税率が適用されます。

 

グリーン化税制(軽課)

対象・要件等

平成29年度の税率

乗用車等(乗用車、
車両総重量3.5t以下
のバス・トラック)
電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、
天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)、
クリーンディーゼル乗用車(平成21年排ガス規制適合の乗用車)

標準税率より約75%軽減

ガソリン車
(ハイブリッド車を含む)
平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)
かつ平成32年度燃費基準+10%達成
平成17年排ガス規制75%低減(☆☆☆☆)
かつ平成27年度燃費基準+20%達成

標準税率より約50%軽減

重量車(車両総重量
3.5t超のバス・トラック)
電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、
天然ガス自動車(平成21年排ガス規制NOx10%以上低減)

標準税率より約75%軽減

※「☆☆☆☆かつ○○年度燃費基準+○○%達成」等については、車検証で確認できます。

※軽減対象車名は、国土交通省HPで確認できます。

税率が上がる自動車(※抹消登録(廃車)されるまで適用されます。)

グリーン化税制(重課)

対象・要件等

平成29年度の税率

ディーゼル車 平成18年3月31日以前に新車新規登録した自動車

標準税率より約15%重課

ガソリン車・LPG車 平成16年3月31日以前に新車新規登録した自動車

※電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、ガソリンハイブリッド自動車、一般乗合バス及び被けん引車については、重課の適用外です。

※バス(一般乗合バスを除く)及びトラック(被けん引車を除く)については、約10%重課されます。

・自動車税の税率については、こちら「自動車税の税率表について」をご覧ください。

お問い合わせ先

◎担当窓口◎

地方局 所在地及び電話番号 管轄区域
東予地方局 課税課

〒793-8516 西条市喜多川796-1

TEL:0897-56-1300(地方局代表)

新居浜市、西条市、四国中央市、今治市、上島町
中予地方局 課税課

〒790-8502 松山市北持田町132

TEL:089-909-8754(課税課代表)

松山市、伊予市、東温市、久万高原町、松前町、砥部町
南予地方局 税務課

〒798-8511 宇和島市天神町7-1

TEL:0895-22-5211(地方局代表)

宇和島市、松野町、鬼北町、愛南町、八幡浜市、大洲市、西予市、内子町、伊方町

 

お問い合わせ

総務部税務課 自動車税係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2203

ファックス番号:089-912-2199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ