文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > くらし・防災・環境 > 税金 > 申告・納税 > 森林環境税を継続します。

ここから本文です。

更新日:2015年4月2日

森林環境税を継続します。

本県の森林環境税は、すべての県民が恩恵を受ける森林環境を保全するための財源として、県民や事業者の皆様に広く負担をお願いしてまいりましたが、今回、更新を行いました。

今回の更新は、未だ整備されていない森林が多く、今後も森林整備を拡大していかねばならない状況に加え、地球温暖化防止のためのCO2吸収源としての要請もあることから、平成27年度から課税期間を5年間延長するものです。なお、税率についての変更はありません。(個人にあっては年額700円、法人にあっては均等割課税標準税率7%相当額)

森林環境税は、本県の貴重な自主財源として、森林環境を保全するための各種施策に役立ててきたところです。

これからも引き続き必要な施策の財源として活用し、私たちの生活にとってかけがえのない森林をより良い姿で次の世代に引き継いでいくため、今後とも「愛媛県森林環境税」の納税に御理解をお願いします。

税収の使途については、森林整備課のホームページをご覧下さい。

森林環境税の概要

森林環境税の概要

目的

水源のかん養、県土の保全、地球温暖化の防止、生物多様性の確保その他森林の有する公益的機能の重要性に鑑み、森林環境の保全及び森林と共生する文化の創造に関する施策を推進していきます。

税のしくみ

県民税均等割に上乗せして納めていただき(県民税均等割超過課税)、上乗せ部分の税収を「愛媛県森林環境保全基金」に繰り入れて、森林保全施策に使います。

納税義務者

《個人》:県内に住所がある人、県内に家・屋敷を持っている人

《法人》:県内に事務所等を持っている法人等

税率

《個人》:年額700円

《法人》:県民税均等割標準税率の7%相当額(年額:1,400円~56,000円)

課税期間

《個人》:平成27年度~平成31年度分

《法人》:平成27年度4月1日~平成32年3月31日までに開始する事業年度分

 

納税方法

納税方法

個人

給与所得者・65歳以上の公的年金受給者は、給与・年金から「天引き」して市町に納税します。

事業所得者等は、市町から送られてくる納税通知書により納税します。

市町は、とりまとめた税を県に払い込みます。

法人

法人が県に申告納付します。

 

税収実績・見込、税収の使途

【税収実績、見込】

森林環境税の課税期間(第2期:平成22年度~平成26年度)の税収実績(見込)額は、約26億6千万円です。(※平成26年度は見込み)

これから(第3期:平成27年度~平成31年度)の税収見込額は、約26億8千万円です。

 

【税収の使途】

「森をつくる活動」「木を使う活動」「森とくらす活動」の3分野において指定事業(県が使途を定めて実施)と

公募事業(県民からの取り組みを公募して実施)に活用しています。

《詳細は、森林整備課のホームページをご覧ください。》

 

お問い合わせ

総務部税務課 直税係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2201

ファックス番号:089-912-2199

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ