文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事記者会見録 > 平成29年度当初予算知事査定冒頭取材(1月31日)の要旨について

ここから本文です。

更新日:2017年2月3日

平成29年度当初予算知事査定冒頭取材(1月31日)の要旨について

日時:平成29年1月31日(火曜日)10時00分~10時06分

場所:知事会議室

 

(テレビ愛媛(幹事社))

 今回の当初予算のポイントはどうか。

 

(知事)

 先日、各部から予算要求の説明を受けまして、その後、県議会各会派からも要望をいただきましたので、本日、それをベースに査定作業に入らせていただきたいと思います。

 平成29年度は、まずは、開催まで242日と迫りました「愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会」の成功に向けまして、本県の魅力を最大限発揮した開会式・閉会式の開催や「オール愛媛」での「愛顔のおもてなし」を実施するなど、参加者の記憶に残る愛媛らしい大会運営に努めるほか、天皇杯、また皇后杯の獲得を目指して競技力強化にも取り組むなど、まずは何より大会の準備に万全を期したいと考えております。

 また、公約の着実な実現のため、3本柱に掲げました「防災・減災対策」「人口減少対策」「地域経済の活性化策」については、これまでの取り組みを深化させまして、「愛顔あふれる愛媛づくり」への挑戦を一歩前進させたいと考えている。

 このほか、愛媛の一層の成長に向け、中学生に対するキャリア教育の拡充、また、とべ動物園の魅力向上対策、県立新居浜病院の建て替え整備による機能強化等の施策にも的確に対応することとしたいと思います。

 予算の規模については、一般会計でございますが、国体の開催や公約の実現に取り組むこととしているが、地方消費税などの県税の減少等が見込まれておりまして、これに伴い、地方消費税清算金等の歳出予算も減少しますことから、実質ベースでは、今年度並みの規模になるんではなかろうかと思っております。

 主な項目でありますが、まず、「えひめ国体・えひめ大会」でございます。

 まずは、愛媛の魅力ある開会式・閉会式や安全で円滑な選手等の輸送体制を構築したいと思います。また、岩手国体でなるほどといろいろな勉強をさせていただいて参考になった点が多かったのですが、これまで国体局、さまざまな経費削減に取り組んでまいりまして、発表させていただきましたとおり、当初と比べ16億円の削減が実現しています。その財源を可能な限りのおもてなし体制に向けるということで、岩手国体の視察を踏まえ、温水洗浄機能付きトイレの会場への設置、それから雨対策として、これもなるほどと思ったんですが、芝生の上、広場の所にステップボードを設置したいと思います。また、みきゃん広場のおもてなし用テント、炬火台や特設プール等の整備の予算を計上いたします。また、天皇杯・皇后杯獲得に向けた競技力向上対策をさらに強化すること。小中高生の花いっぱい運動や都道府県別の応援団の結成、また、民泊等のおもてなしにも配慮したいと思います。

 防災・減災対策でありますが、緊急避難道路の整備、河川・海岸・港湾・ため池等の改修・補強、そして、県立学校の耐震化、いよいよあと少しになってまいりましたが、100パーセントへの総仕上げと警察署の耐震化の促進。学校の耐震化率でありますが、当初この計画を作ったときには43パーセントで全国最下位ということで、皆さんにもご指摘をいただいたところでありますが、今年度末には98.3パーセントに達する見込みでございます。他県も上がってきておりますので、順位は分かりませんが、場合によっては30位台に入ってくるかなと、そして来年には100パーセントということで、同率1位で完了することになります。また、スマホアプリを活用した住民避難誘導や消防団員の確保対策、これは松山市長時代の経験を生かして強化をしていきたいと思います。また、原子力広域避難のための情報収集や実効性の向上、大分県との連携も強化・深化させていきたいと思います。

 人口減少対策でありますけれども、企業の婚活支援窓口等との連携による結婚支援体制の強化、また、これは後ほど発表しますが、県内には大手の製紙会社が複数ございます。そういった製紙会社と市町と連携した全国で初めての愛媛オリジナルの子育て支援制度を構築したいと思います。

 地域経済の活性化は、「スゴ技」「すご味」「すごモノ」を活用した戦略的な営業活動、また、公約にも盛り込んであります窯業技術センターの移転整備検討、そして、中学生からのキャリア教育を通じた勤労観の育成やこれを通じた地元就職の促進に配慮したいと思います。また、「サイクリングパラダイス愛媛」から「サイクリングアイランド四国」へというふうなことから、愛媛を起点、そして終点とした四国一周のサイクリングの普及を図っていきたいと思います。また、5月(31日)からの日台観光サミットの開催を通じて台湾との観光交流を促進したいと思います。そして、とべ動物園の魅力向上の推進とPR活動の強化を図っていきたいと思います。なお、とべ動物園は中四国の動物園では、入場者数が最多、全国の動物園人気ランキングでも5位ということで、まだまだ伸びしろがあると思っておりますが、最近はちょっと頭打ち感が否めませんので、ここでステップアップを図っていきたいと思います。

 農林水産業については、「愛媛Queenプラッシュ」「愛媛あかね和牛」「伊予の媛貴海」のPRや課題となっている技術的な問題を克服して生産拡大に結び付けていきたいと思います。また、JAが行う新規就農者の受け入れや育成等の支援、畜産業、林業、漁業における効果的な担い手確保対策の拡充を図りたいと思います。

 医療・福祉の分野では、県立新居浜病院の建て替え、二次救急患者の精神科での夜間等受入支援、これは県内の病院等とも協力しながら構築していきたいと思います。そして、発達障がい者の相談支援体制の強化を図ります。

 教育・文化の面では、県立高校等のICT環境の整備、また、実践的な英語力の強化を図っていきたいと思います。そして、昨年始めました子ども芸術祭のステップアップ、また、愛顔感動ものがたりの情報発信などに重点を置いて取り組む予算としたいと思います。

 以上でございます。

 

お問い合わせ

企画振興部広報広聴課 報道係

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2240

ファックス番号:089-945-4211

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ