文字サイズ
標準
縮小
拡大
色の変更
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

Foreign Language

  • 分類から探す
  • 組織から探す
  • 携帯サイト
  • リンク集
  • サイトマップ

ホーム > 県政情報 > 知事 > ようこそ!愛媛県知事室へ > 知事の発言集 > 平成24年度幹部職員辞令交付式知事あいさつ

ここから本文です。

更新日:2013年1月15日

平成24年度幹部職員辞令交付式知事あいさつ

日時:平成24年4月2日(月曜日) 11時00分

場所:県庁本館4階 正庁

いよいよ今日から、新年度のスタートを切ることとなりました。就任して2年目を迎えますけれども、1年目は、準備期間、助走期間という位置付けで、自分自身も県庁全体の組織、そして仕事の把握ということが第一の課題でありましたので、特に、人事等々については、初年度はそう自分が動くということはございませんでした。しかし、月日を刻む中で、それぞれの部署で、皆さん大変良い仕事をし続けていただいておりますし、今回は自分一人ではなく、複数の職員、管理職の中で、一番いい組織はどうあるべきなのかということを議論し、それぞれの適性もしっかりと見極めた上で、新たな人事のもとにスタートを切ることになりました。

仕事については、心配していませんけれども、御案内のとおり、地方自治が置かれている状況は、財政面も含めて、厳しさが増していくことは避けることができません。その中で、どういうふうに未来を切り開いていくのかということを考えたときには、基本となる考え方、意識を共有すること、そして、長期のビジョンをしっかりと見極めた上で、それぞれのユニットで責任を果たしていただくということ、これは欠くことのできない要因となるわけであります。昨年、長期計画も策定することができました。その中での位置付けを、それぞれの部署で考えていただきながら、前向きに進んでいっていただきたいと思います。

組織的にも、かなり大きな変更点がありますけれども、一番の課題は、メニュー選択型行政から政策立案型行政へどう脱皮を図っていくのか、というところに尽きると思います。もちろん、法令遵守でしっかりとした仕事をするのが基本でありますが、それだけではなかなか難しい時代であることは、皆さんも共有していただいていると思います。すなわち、過去の経験則に重きを置きながらも、それだけでは未来はないという前提に立って、社会の変化、経済情勢の変化、政治的な混乱、こうした不確定な要因を常にキャッチする中で、政策を立案するという積極性が求められていることは言うまでもありません。今回は、新しく管理職になられた皆さんを含めて、最強のスタッフがそろったと思っております。また、それらをサポートする意味においても、業務執行リーダー制の導入等々によりまして、組織全体がアグレッシブに展開するような組織へと変貌を遂げているわけでありますけれども、これを生かすことができるかどうかは、管理職の皆さんの手腕にかかっています。多くの優秀な若い職員たちが、やる気になって前向きにその持ち得るエネルギーを出すことができるかどうか、これは、本当にそのユニットの責任者である管理職の皆さんの手腕にかかっているところであります。そこで、あらためて言うまでもないことでありますけれども、就任当初にお示しした5つの意識改革、これはぜひ、もう一度、受け止めていただき、そして、それぞれの組織の中で浸透を図っていただくように、心からお願いを申し上げたいと思います。

今日から、新採の職員も入ってきましたが、最初が肝心であります。特に新採職員が配置された部署の課長さん、しっかりと挨拶ができない人間は駄目だということを、初っぱなに言ってありますから、そこからが社会人としてのスタートですので、指導の方をくれぐれもよろしくお願い申し上げたいと思います。

今日は本庁だけでありますが、御案内のとおり、昨年から課長級の試験制度を導入しました。これは本当にやる気のある人を公平に評価するということですから、今回残念だった方を、ぜひフォローしてあげていただきたいと思います。何回でもチャンスはあり、がんばれば扉は開かれているという、その趣旨を浸透していただきますようお願い申し上げたいと思います。

また、新任課長、新しいこの制度を突破した1期生は、大半をあえて地方局に配置しています。いわば新任課長が地方局に散って一斉に動き始めるということになります。この1年間、短期間で出先機関の底上げを図ることを意図しておりますので、地方局との連携を、ぜひ綿密に行っていただきたいと思います。

部署ごとに課題は山積していますが、それぞれ皆さんは、その把握に入られていると思いますけれども、例えば3カ月たって、まだ3カ月しかたっていないからということはもう通用しない。もう3カ月たったんだという形で、これからスピードアップを図ってまいりますので、一刻も早く、今の新しく配属された部署の全体像と問題点の把握、そしてその解決に向けた取り組み、更には先読みした取り組みを含めて、どんどん仕事を進めていただきますようお願い申し上げたいと思います。自分自身も、皆さんに恥じることのないように、一生懸命この一年間がんばっていきたいと思っています。就任時にも申し上げましたが、楽しく仕事をやりましょう。就任した時に、県庁は暗いと言いましたけれども、そうでもないなというのがよく分かりました。ぜひ皆さん、笑顔で進んでいきたいと思いますので、ここに集いし人たちが管理職、いわばスタッフ、仲間です。力を合わせて、突き進んでいくという意識を持ってがんばりたいと思いますので、くれぐれもよろしくお願いを申し上げまして、御挨拶とさせていただきます。がんばりましょう。

お問い合わせ

企画振興部秘書課

〒790-8570 松山市一番町4-4-2 

電話番号:089-912-2170

ファックス番号:089-912-2174

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

ページの先頭へ