愛媛県議会 > 県議会の活動 > 議会基本条例

ここから本文です。

県議会の活動

愛媛県議会基本条例

 愛媛県議会は、地方分権改革の進展に伴い、議会の役割及び責任が増大する中、県民の信頼と期待に応えるため、様々な議会改革に取り組んでまいりました。

 本県議会は、これらの議会改革を継承するとともに、真の地方自治の実現にふさわしい議会のあり方を研究、検討し、更なる改革への姿勢を示すため、議会基本条例に取り組むこととし、交渉会派の委員10名からなる議会基本条例検討協議会を平成22年6月2日に設置し、8回にわたる検討協議会での検討や、平成23年1月20日と2月22日の議員協議会での協議などを経て、愛媛県議会基本条例案を作成し、3月11日の本会議において賛成多数で可決し、3月18日に公布・施行しました。

 

愛媛県議会基本条例の改正(平成30年)

 近年、日本各地で大規模な災害が発生しており、本県においては、近い将来、南海トラフ巨大地震による災害の発生が危惧されています。

 また、平成30年7月豪雨では、県内にも甚大な被害が発生し、県議会では「愛媛県議会平成30年7月豪雨復興支援対策本部」を立ち上げての支援のほか、要望活動等などの必要な対応を行ってきました。

 

 これらのことから、平成30年7月豪雨において県議会が行ってきた対応等を踏まえ、大規模災害その他の緊急事態における議会の対応についての条文を議会基本条例に追加することとし、交渉会派の委員11名からなる議会基本条例改正検討協議会を平成30年9月5日に設置し、3回にわたる検討協議会での検討や、パブリックコメントなどを経て、愛媛県議会基本条例の一部を改正する条例案を作成し、10月10日の本会議において全員賛成をもって可決し、10月19日に公布・施行しました。

 


「愛媛県議会基本条例」(平成30年改正後)

 

 


「愛媛県議会基本条例の検討経緯」(平成23年制定時)

  

「愛媛県議会基本条例の提案理由説明」(平成23年制定時)

 

 

「愛媛県議会基本条例の改正検討経緯」(平成30年改正時)

 

「愛媛県議会基本条例の改正提案理由説明」(平成30年改正時)

 

「愛媛県議会基本条例の一部を改正する条例案」(平成30年改正時)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

県議会の活動
本会議
委員会等
議員提案条例一覧
意見書・決議一覧
TOPICS