平成29年度 愛媛県職員採用情報 > 職種の紹介 > 技術系職員の仕事内容紹介 > 保健師

未来の愛媛をつくろう

ここから本文です。

 

 

保健師

 

 

 

 

 

 

 私たち愛媛県の保健師はすべての県民が健康で生き生きと安心して暮らすことができるよう、様々な取り組みをしています。
 県民とともに健康なまちづくりをしていくために、保健師としてあなたの力を発揮してみませんか。

 

 

 


(詳しくはこちら⇒ 「医療対策課」のホームページ)

 

 

技師 瀬戸裕一

保健福祉部

社会福祉医療局 医療対策課

技師 瀬戸 裕一

【経歴】

平成23年度

八幡浜支局 健康増進課

平成26年度

現所属


保健師職の業務内容

 

私たち保健師の業務は地域特性に応じた健康なまちづくりを推進していくため、県民の健康状態の把握や健康づく

り、疾病予防対策、健康危機管理対策などに取り組んでいます。

その一部をご紹介します。

 

 

 

 

家庭訪問(今からでかけるところ)

家庭訪問

 家庭訪問は、生活の場をみながら、対象者やその家族と共に心身の状態や生活の実態を明らかにし、具体的な生活に即した支援をするものです。支援は信頼関係の形成が大切であり、また個別支援で得た情報を地域全体の保健活動に活かしていくことも求められます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の健康祭

健康相談

 市主催の健康祭で「ストレスチェック」コーナーを設け、健康相談をしているところです。
 地域の人への啓発の場として保健所の保健師と市の保健師が協働して事業を実施しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

健康づくり連絡調整会

健康づくり

 関係機関から得た町のデータをもとに、「優先すべき健康課題は何か」「見落としている対象者はないか」、関係者(市町、保健所、協会けんぽ職員)で真剣にディスカッションしている場面です。
 「この年代って気になるよね・・・」「この地域のこの数値が高いのって、なんでだろう」・・・など関係者が多数集まることで、気づかない視点も深まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

精神障害者デイケア(ピアカウンセリング)

健康教育(西条)

 地域住民の集まる場や事業所等に出向き、講座や健康教室などを通して、健康に関する知識を高めたり、健康維持の方法を伝えるなど、地域全体が健康な生活が送れるように支援を行っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新型インフルエンザ対策訓練

新型インフルエンザ対策訓練

 新型インフルエンザ等対策訓練にて、保健師が病院で疫学調査をしている場面です。日頃から病院等と連携し、訓練を繰り返し、患者の発生に備えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東日本大地震での支援活動

健康危機管理

 不特定多数の住民に健康被害が発生又は拡大する可能性がある場合、公衆衛生の確保という観点から健康被害の発生予防、拡大防止、治療等に対応する「健康危機管理」は保健所の重要な役割です。
 最も甚大な健康被害をもたらすものが「災害」です。愛媛県では、これまでに阪神・淡路大震災、中越地震、東日本大震災等に際し、保健師を中心としたチームを派遣し、支援活動を行いました。
 その経験を生かし、南海トラフ巨大地震等、今後来る大規模災害の発生に備え、県内市町とともに災害時保健衛生の体制を整えているところです。


 


「教育体制」内容

 

愛媛県では新任期、中堅期、管理期の保健師継続教育ガイドラインを作成し、このガイドラインに基づき、継続教育

を行っています。

その一部を紹介します。

 

 

 

新任期保健師研修会

地域保健保健師等研修会(本庁実施分)新任期保健師研修会

 県内市町および保健所等に勤務する新任期(1年目)保健師を対象とし、前期・中期・後期と年度3回実施します。新任期同士、保健師活動を共有し、交流の場でもあります。また、中期研修では2年目の先輩保健師との交流もあり、アドバイスを受けることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プリセプター研修会

地域保健保健師等研修会(本庁実施分)プリセプター研修会

 県内市町および保健所等に勤務する新任期(1年目)保健師のプリセプター(指導)保健師を対象とし、前期・中期・後期と年度3回実施します。講義やグループワークを通し、新任期保健師がより良い保健師活動をしていくための支援を学びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保健所での新人教育の一場面

保健所での新人教育の一場面

 所属保健所の「プリセプター保健師」のサポートにより、新任期保健師はいつでも相談でき、安心して仕事に取り組むことができます。また、職場全体で協力してサポートするほか、住民に身近に関わる市町での保健活動を体験できるよう、職場外研修も実施しています。新任期の保健師がともに研鑽し合う「新任期保健師研修会」は、新任期保健師同士の交流も楽しみのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保健所での保健師研修会

地域保健保健師等研修会

 保健所では、人材育成や地域の特性の応じた保健福祉活動の推進を目指して、管内の保健師等を対象に保健師研修会を年数回開催しています。保健師活動や地域の課題について学び話し合いを行うなど、普段、顔を合わせる機会の少ない保健師も集い、業務を超えた学びの機会にもなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先輩職員からのメッセージ

 

南予地方局 健康増進課 山﨑 未来( ⇒ 業務内容や仕事のやりがいなど詳しい内容はこちら

 

 

 

県内の主な配属先

 

〇本庁

〇各保健所(四国中央、西条、今治、中予、八幡浜、宇和島)

〇地方機関(心と体の健康センター)

 

 

 


《お問い合わせ》

〇保健師職の仕事に関すること

保健福祉部 社会福祉医療局 医療対策課 地域看護係 TEL 089-912-2406

〇職員採用試験に関すること

人事委員会事務局任用試験係 TEL 089-912-2826

(県職員採用情報ホームページ http://www.pref.ehime.jp/employment/

 

このページのトップへ

 

 


Copyright(C)EHIME Prefecture. All rights reserved.